読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

会社での電話応対あなたはキチンと出来てますか?

新入社員の電話応対で『何様ですか?』と聞く人がいるそうです。最近の新入社員の敬語の使い方がいかにひどいか分かります。 私からしてみればネタの様に思えますが、事実だそうです… そこで今日は、電話での言葉遣いについて書いていきたいと思います。 あ…

上司に提出する書類の印鑑は「左に傾ける」のがマナーなのか?

あるテレビ番組で『上司に出す印鑑の押し方』についての見解が物議を呼んでいると言う記事を見つけました。 その内容は、複数人の承認が必要な書類などの確認済みの押印のマナーとして、部下が上司にお辞儀をするように見える押し方を推奨していました。

短時間であなたを印象づける会話方法

短い時間だと何を話してよいのか悩んでいるうちに時間が来てしまったり、仕事の集まりなどで名刺交換で終わってしまってる人は実は多いようです。 こうしたきちんとセッティングされた訳でない、突発的な場での自己紹介に対して不安を抱いている人は結構多く…

これが分かれば上級者!?間違えやすい敬語

【電話】【利用】【発表】のように、動詞にもなる名詞を敬語として用いる場合には、尊敬語と謙譲語との表現を間違えやすいので注意しましょう。 『お電話なさる』は尊敬語、『お電話する』は謙譲語です。『お電話される』は、美化語の【お電話】に尊敬語の【…

使ってはダメな敬語を覚えて相手を不快にさせないようしましょう。

たった一言でも相手を不快にするダメな敬語 敬語の間違いに気が付かないでいると、相手に敬意を表したつもりが、逆に失礼になったり、不愉快にさせてしまう事になります。 たとえば、丁寧に対応するつもりで、敬語を過剰に使ってしまう事が良くある事です。

クッション言葉の使い方

クッション言葉とは、会話の中でクッションの役割を果たす言葉の事を言います。 このクッション言葉が入ると、同じ意味の言葉でも相手に柔らかく伝えることが出来ます。 例えば、用件を伝える時にすぐ用件から入るよりも、クッション言葉を使ってから用件に…

違いが分かりますか?『了解しました、了承しました、承知しました、かしこまりました』

ビジネスの場で『分かりました』の事を、『了解しました』『承知しました』『了承しました』『かしこまりました』などがあります。 何気に使っているそれぞれの言葉ですが、どのような場面でどの言葉を使ったらよいか皆さんは分かりますか? 今回は、それら…

前の会社の上司や同僚にも感謝の気持ちを行動で示す

職場や人間関係が慣れてきたころに…の記事を書いた時に、感謝の気持ちを行動で示しましょうと書きました。 何も感謝の気持ちは、新しい職場についてだけの話ではありません。自分の古巣でもある前の会社の上司や同僚にも、近況などを報告して感謝の気持ちを…

取引先との飲み会の誘いはどうすれば良いのか?

これは営業職が多いかもしれませんが、社内のみならず取引先とも親しくなると、飲み会に誘われることがある事でしょう。 社内の飲み会は、色々な記事で書いているのでそちらを参考にしてください。 それでは、取引先にお誘いを受けたらどのような対処が一番…

携帯電話【スマホ】を公然といじる場合の配慮

最近のスマホの普及で社内で携帯電話をいじっているのを黙認する傾向が強くなっています。その理由として、顧客にも担当者のメールアドレスを教えてあり、素早い対応のために連絡を取り合えるという事で、やむを得ないと言えるでしょう。 しかし、いくら仕事…

ほんのわずかな気配りで印象がよくなり仕事がしやすくなります

就職・転職間もない頃は特に、ほんのわずかな気配り一つでグンと印象が良くなり仕事がしやすくなります。 あなたが会社で働いていると、社内や社外でお茶を出される場面に出くわすことでしょう。たかがお茶を出されたくらいで…と思っている人もいるかもしれ…

上司や先輩からランチに誘われたら、あなたはどうする?

入社初日や最初の頃は周囲の人からランチに誘われることも多いと思います。 不慣れな仕事が終わらずバタバタしているのに、ランチくらい一人でゆっくりと食べたいと思っている人や今はやりの手作り弁当を持っているのでチョットと言う人もいるかもしれません…

目に入った人には、自分から挨拶を…

挨拶をしましょう!! 挨拶の大切さは、わたし達だけでなく、小学生や幼稚園児でも分かっていることです。 人とのコミュニケーションの初めは、挨拶から始まります。だから、挨拶は絶対にしなければいけません。 ところが、実際に挨拶しようとしても、タイミ…

寸志の意味と、歓送迎会や飲み会における寸志

社会人生活をしていると、よく『寸志』と言う言葉をよく耳にします。 わたしが良く聞いたのは、ボーナス時期の時に『今年のボーナスは寸志だったわ~』などと良く聞く事がありました。要するに、ほんの気持ちという事ですね。 そもそも『寸志』とはどのよう…

知る・知っているの敬語の使い方

ビジネスシーンで役に立つ言葉の記事が結構好評なので、第5弾として『知る・知っている』と言う言葉にスポットを当ててみたいと思います。 その前に敬語は一般的に3種類に分けられ、尊敬語と謙譲語・丁寧語の三種類があります。尊敬語は、主語に敬意を表して…

ビジネスシーンに役に立つ言葉『ご足労』意味と使い方!!

これまでビジネスシーンで役に立つ言葉、御中・拝啓・ご尽力について書いたことがありました。そこで今回は、第4弾という事でご足労について書いていきたいと思います。 ビジネスシーンでは、打ち合わせや会社を訪れた取引先の人などを労う時に良く使用する…

名刺交換時のマナー

企業の新入社員研修の中に、名刺交換の研修を取り入れている企業が結構あると聞いてます。それもそのはずで、ビジネスの初めはまず、名刺交換と決まっており、そこでつまずいてしまうと、上手くまとまる話もまとまらなくなります。 相手の無礼につながらない…

名刺を手帳で保管している人の、名刺交換時のマナー

ビジネスの場で、自分の名前と会社の所属課、連絡先などを示したカードの事を名刺と言います。 名刺は本来、名刺入れに入れておくものですが、営業職でない人などは、名刺を出す機会が少ないために、名刺入れを持たない人もいると思います。 それでも、急な…

『助ける』の敬語表現「ご尽力」と「お力添え」の意味と使い方

『ご尽力』と『お力添え』と言う言葉、社会人になると色々な場面で耳にする言葉でしょう。 そもそもこの二つの言葉は、『助ける』と言う言葉を敬語に返還した言葉です。 ビジネスシーンでは、この助けるの敬語は頻繁に出てきます。しかし、頻繁に耳にするこ…

電話の切り方についてのビジネスマナー

電話応対、社会人になるとだれしも避けては通れない業務の一つです。 ビジネスの場で悪い印象を持たれないように、電話のマナーは最低限は知っておくべきであります。挨拶や対応自体のスキルはよく聞きますが、最後の締めくくりの電話の切り方にもマナーがあ…

「お先に失礼します」「お疲れ様です」の退社の挨拶にも気遣いを…

会社を退社する際には、「お先に失礼します」「お疲れ様です」と挨拶をするのは当たり前の習慣の事でしょう。 退社の挨拶をかわす際、当然ながら自分の仕事は終わっていて、終業時間が過ぎていると言うのは、大前提のことでしょう。 今回は、退社する際の挨…

「拝啓」と「敬具」の意味と正しい使い方

手紙を書く際に最初と最後に書いてある『拝啓』と『敬具』みなさんは、つける意味と正しい使い方を把握していますでしょうか? 手紙には、この二つの言葉を付ける意味と正しい使い方がちゃんとあります。 この『拝啓』と『敬具』の意味を知ってきちんとした…