読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

転職時での色々なタイミング

f:id:miumaga:20151022211440p:plain

転職を決めても、そのタイミングを決めるのは難しいものです。
でも、きちんと計画的に転職を行わないといけません。

 

今回は、そんな転職時での色々なタイミングについて書いていきましょう。

 

 

転職時期を決めるポイント

勤続年数

転職をする際に前職の勤続年数がポイントとなってきます。

 

最近傾向として、書類審査からの面接と言うパターンが非常に多いです。

 

すでに短期的に転職を繰り返している場合は、

応募先の採用選考で不利になるケースがあります。


最低でも2年は在職した経験は、ほしいところです。

 

現在の年齢

未経験からのチャレンジをはかる場合は、年齢によっては採用側が受け入れに危惧を抱く場合があります。

もちろん業種によってその目安年齢に違いはありますが、その年齢に近いようであれば、早めに行動する方が有利です。

24歳、29歳、34歳などの区切りの年齢に合う人は良く注意して下さい。

 

経済面の損得を考える

賞与の支給後や退職金支給規定の勤続年数をパスする時期や、すこしの差が損得につながることもしばしばあります。

 

 

転職に有利な時期を考える。

転職に有利な時期が存在するのか??

転職市場の動向

年間を通じてみると、一般的に3月~4月と9月~10月に新規の求人が増える傾向にあります。

 

その時期は、年度の切り替えに伴う退職者の後任の補充や新規事業の始まりがあり、
中途採用のニーズが高まりやすいのです。

 

応募先の企業が増えるのは良いのですが、その反面、転職者も増えるという事で、ライバルとの競争が激しくなるとも言えます。

よくマスコミなどで全体的な転職市場の動向などは、あくまで参考なので、その情報に踊らされないように、自分自身の考えと全体的なスケジュールを見極めるようにしましょう。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

転職の必要な期間とタイミング

転職に有利な時期は一人ひとり違うものです。


まずは、情報収集から始めて、自分に必要な準備期間やタイミングを計り、具体的なスケジュールを立てて自分なりの転職時期を決めることが、基本中の基本となります。

 

 

年齢で企業側から求められるものの違い

ここで考えていきたいのは、年齢の市場価値です。

私たちは、社会に出て専門性を身に付けて、自分の市場価値を高めていきますが、
年齢そのものにも市場価値があるのを覚えておいてください。

 

経験を無視して年齢だけで考えるなら、20歳くらいで社会に出て、26歳~27歳くらいまでその価値は上が続けて、27歳をピークに今度は下がり続けます。

それでは、年を取れば取るほど市場価値は下がり続けていくのか?

 

 

答えは、NOです。

 

 

1つ年を取るということは、1年分何かを経験してるという事なので、その経験が年齢による市場価値の下落分より多ければ、プラスになります。

と言う事は、転職で今年動くか来年動くか、という判断基準は、この1年間で、どういう経験による市場価値の上昇が見込まれるかという判断になるのです。

 

現在と同じことを1年間継続していくだけであれば、年齢の市場価値が高いうちに行動に移した方が良いかもしれません。

これから、やりがいのあるプロジェクトに抜擢されたのであれば、今すぐ転職をする必要がないかもしれません。

 

ただし、求人、業界によっては年齢制限があるので、注意して下さい。

 

 27歳くらいまでに転職した方が年齢を活かせます。

 

27歳までは、年齢そのものにも市場価値があります。
その年を過ぎると、今度は経験に価値が出てくる年齢になります。

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

これだけは知っておきたい「転職」の基本と常識【改訂版】

これだけは知っておきたい「転職」の基本と常識【改訂版】