読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

30代での転職活動

転職のアドバイス

 

30代になると転職は、かなりハードルが高いと言われています。

 

その理由として、30代になると企業から望まれることが、変わってくるからと言われています。

 

30代は、さらに高い専門性と十分な仕事経験はもちろん、仕事の実績や成果といったものまで必要とされるのです。

 

また、転職すると決めたら、直ぐにでも行動を開始したほうがよいです。
退職してからの目安は3ヶ月以内の再就職を目指してください。
早いに越したことはありません。

 

もし新しい職場が決まらずに半年以上経過してしまうと、採用担当者から大変悪い印象を持たれてしまいます。

 

長期間の失業にはなにか問題を抱えていると判断されてまいます。
そうなると書類審査ではねられ、面接が受けられません。
優良企業ほどそのような事に厳しい傾向にあります。

 

現在では、勤務を続けながら、退職予定者として、転職サイトに登録することも出来ます。

 

その場合は志望企業に応募する場合は、退職時期を明確にして伝えます。

 

収入が無くなるというリスクは回避できますが、次のようなデメリットがあります。

 

勤務を続けながらの転職活動を快く思わない採用担当者いる事。
そういう企業は、まず面接をしてくれません。

 

採用する側としては、決定後すぐに勤務して欲しい。
在職者の採用が消極的なのは、ここに理由があるようです。

 

しかし、勤務しながら転職先を探すということは、期間を限定せずにじっくりと新しい職場探しが出来るというのが、最大のメリットです。

 

企業の求人情報は1年間同じ状態ということはありません。
企業は常に新規採用している訳ではありませんし、欠員が出ると募集が始まりますし、採用出来れば募集を打ち切ります。

 

職種や業種を絞っている人は、頻繁に募集の情報をチェックすることです。

 

一般的にボーナスの7月、12月の後は退職者が多くなり募集も増えます。
また年度末にも退職者が多くなる傾向が高いです。
そのような時期が企業をチェックするポイントになるでしょう。

 

転職は、自分の将来の目的や仕事のキャリアをよく考えて、軽はずみな気持ちで転職した人は、新しい職場でも長続きしません。

 

1年未満という短期に転職が続いた人は余程の正当な理由が無ければ、どのような企業でも書類選考で落とされると思って間違いありません。