就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

就活での学生の悩みの種、面接は『私服でお越しください』の謎

f:id:miumaga:20150218120935j:plain

最近は、私服で面接に着てください的な文言がある企業が増えてきています。

そんな時、どのような事に気を付けて面接に臨めば良いのでしょうか?

 

私服でお越しくださいと書いてある企業の面接に、実際どのような服装で参加するのが好ましいのか?

その文言の裏にある企業側の目的とは何かを紹介して行きたいと思います。

 

就職活動の学生たちを悩ませる、『私服面接』の謎に迫りたいと思います。

 

ここ数年、私服面接を行う企業が増えてきているようです。私服と言っても企業側からの明確な決まりがあるわけではありません。

 

もし私服で行って自分一人が私服だったら…

と考えてしまって、学生さんたちを困惑させているのです。

 

就職活動の代名詞と言えるリクルートスーツの着用をさせず、あえて私服での面接が実施されるのは、一昔前の就職活動とは大きく違います。

 

企業が提示する、私服面接の意図とは一体何なのか?

 

さらに、就職活動にはこの服装が良いと言う模範的なものもないので、学生たちにはなおさら判断が難しいと言えます。

 

 

私服でお越しくださいは、企業側のワナなのか?

文章の書き方によっては、本当に私服で行った方が良い場合と、スーツの方が良い場合に分かれます。

 

これが日本語の難しいところです。

 

同じ私服OKと書かれていても、『服装自由』や『私服でも可』と書かれていた場合は、スーツの着用と考えた方がよいでしょう。

服装自由となっている企業の面接に、私服で行ったらみんなスーツで恥をかいたと言うエピソードをよく聞きます。

 

また、

『普段着でお越しください』『あなたらしい服装で』『私服でお願いします』

などと書かれていた場合は、私服着用と考えてください。

 

先程の場合と比べると、日本語が少し違いますよね?

 

ここで疑問なのが、私服で着てくださいと書かれていてスーツで行った場合は、どうなるのか?

 

この場合は、企業側の指定された服装で来れていないので評価が下がるのは必至です。

 

スポンサードリンク

 

『 私服面接』を行う企業側の意図とは?

 

TPOに合ったファッションを出来るかどうか?

 

TPO時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け】を考えて清潔感のあるファッションを出来るかを見ています。

その企業が私服で通勤をする場合に、あまりにもすごい格好をしてその会社に入っていくと、その会社のイメージも悪くなる可能性があります。その人にそういう気遣いが出来るのか?と言うところを見ています。

 

また、社会人になると冠婚葬祭などで私服で集まる機会が出てきます。そうした時に常識を逸脱した服装をした社員がいるとその会社が恥をかいてしまいます。

 

 

会社のイメージに合っているか?または、社風を分かってほしい時など

この人が入社して自分たちの会社にあるのかを、その服装などで判断しています。

また、応募者にわが社は自由な社風だと言う事をアピールするためだとも言います。

 

 

相手の出方や反応を見ている

決まっていない服装だからこそ、相手がどう出るかでその人となりを見ています。

年配の人には、あまりにも奇抜な服装や清潔感のない服装は、それだけでマイナスな印象を与えてしまいます。

 

あえてあいまいな指示をしたときに、学生たちがどのような行動をしてくるかを試している時にも、このような指示を出します。

 

 

私服=ラフな格好ではありません!

私服と書かれていたから、いつも着ているラフな格好で面接に来たら、面接官に怒られたと言う学生は、毎年いるようです。そもそも、学生が考える『私服』と会社側が考える『私服』には大きな違いがあるようです。

いくら『私服でお越しください』と書かれていても、どんな服装でも良いと言うわけではありません。

 

私服をしてされた場合は、一般的な企業では『面接にふさわしいスーツ以外の普段着』

と考えています。学生の普段着とは大きく認識の違いがあるようです。

 

学生は、

『私服』=【普段学校や遊びに行くような服装】などと解する傾向にあるので、ジーンズやスニーカーなどを着て行ってしまいます。

 

会社側は、

『私服』=【面接と言う場にふさわしい格好であれば服装の規定はしない。】と言う意味で、あなたがその服装を選びなさいと言う意味なのです。

 

 

 

それでは『私服面接』ではどのような恰好が良いのか?

 

 

アパレル系の企業の面接ならお洒落な服装でも良しとされていますが、一般的な企業ではあまり良しとされていません。

 

胸元の空いた服装や丈の短いスカートなど露出の多い服装、高すぎるヒールなども適さないために避けてください。ジーパンやTシャツで参加するのは基本的にNGです。

トレーナーやパーカー、スニーカーにサンダルも止めましょう。

 

男性の場合は腕時計以外の装飾を身につけることも避けるべきです。アパレル業界でもない限り、面接は自分のファッションセンスを提示する場ではありません。

 

 

私服面接で実際どのような服装であればよいのか??

 

誠実で、清潔で、きちんとした服装であればいいです。

会社側が求める私服=『ビジネスカジュアル』と考えましょう。

 

ビジネスカジュアル 男性

f:id:miumaga:20150218131204g:plain

 

男性の場合もカーディガンはOKで、ジャケットをもっていなくても、小奇麗を目指すといでしょう。

襟付きの服で臨み、下はスラックスや、チノパンなどを着て、少なくとも正式な場であるということがわかる服装で臨むことがマナーです。

 

 

ビジネスカジュアル 女性編

 

f:id:miumaga:20150218131653j:plain


派手さはないものの、スカートは膝丈で清潔感もあるものを。

ジャケットやカーディガンに襟のあるシャツとスカート。または、パンツにパンプスが基本と考えておけば間違いはなさそうです。

スカートは短すぎず長すぎず膝丈で、といったところでしょうか?

 

 

 

『私服でお越しください』は、

企業の意図が分かってしまえば、なんてことありません。

ようは、面接の場にふさわしいと思う格好を個々にしていけばよいのです。

 

自分がTシャツジーンズが面接の場にふさわしいと思ったのなら、それはそれで個人的にはOKだと思います。それが一般的にふさわしいかと言うとそうでもありませんが…

 

会社側は、あなたの一般的な常識が備わっているかを見たいのです。