就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

就活で必要なコミュ力は、伝える力だけではない

 

f:id:miumaga:20150219224204g:plain

就職活動にはよく『コミュニケーション能力(コミュ力)』が必要だと言われます。

実際に採用する側の企業でも、最も重要視しているのが『コミュ力』と言っている担当者もいます。

 

しかし、多くの就活生はこのコミュ力を勘違いしているようなのです。

 

今回は、そんなお話『コミュ力』について書いていきたいと思います。

 

みんなが勘違いしている、就活で必要なコミュ力とは一体どんな能力なのか?

 

 

日本経団連の調査で、企業が選考で重視した点は『コミュ力』が9年連続の第1位になったそうです。

 

やはり就職活動の成功のカギはこの『コミュ力

 

学生側もコミュ力が重要な事は理解はしているようですが、実は多くの学生たちはコミュ力について誤解をしている部分があるのです。

 

学生の大半が、【コミュニケーション=伝える力】と思っており、分かりやすしゃべったり、ボケやツッコミなどの笑いを駆使して楽しくおしゃべりが出来る能力にがコミュ力と思っている人が多いのです。

 

 

じつは、コミュ力には『聞く力』が最も重要なのです。

 

 

企業が求めるコミュ力をここで理解をして、就職活動を有利に進めていきましょう。

 

 

 

それでは就職活動で求められるコミュ力とは具体的にはどのような事なのか?

 

 

 

就職活動で求められるコミュ力

 

まず求められるのもとして、3種類あります。

 

話す力 聞く力 読む力

 

企業が求めているコミュ力とは、快適な意思疎通のことで、相手の話を聞けて、自分の意見をきちんとわかりやすく伝える能力があるのかを求めています。

 

一方で学生側は、相手と仲良くする能力、面白いことを言う能力、会話を続ける等の話す力の方にウエイトを置いているようで、相手の話を聞くと言う部分が抜けているのです。


 

話す力

 コミュニケーションをとるうえで最も必要な能力なのは誰でも分かると思います。

しかし、仕事で求められる話す力とは、『必要な事を最小限の言葉で伝える』と言う子につきます。

コンパなどでの盛り上げ上手だったりする話す力は、仕事の場ではあまり必要がありません。

 

聞く力

コミュ力はこの聞く力が最も重要と言っても過言ではありません。

相手の話をしっかりと聞く力、ただ話を聞けばいいと言うわけではありません。

相手の話を興味を持ってしっかりと聞くことです。

 

これが出来て初めて聞く力があると言います。

 

この能力を傾聴とも言われます。

 

相手の表情を見ながら、あいづちを打ちながらかつ相手の言った言葉を繰り返したり、気持ちを汲み取る言葉を伝えながら聞いていきます。

 

これが聞く力です。

 

読む力

相手の思いや意図を汲み取るのが読む力です。

コミュ力は情報の発信と受信の能力が必要になります。学生側は発進する能力は長けていることは多いが、受信する能力が低い傾向にあります。

 

読む力は、面接官の質問の意図や背景を理解する能力のことで、相手の質問の意図や背景が分からなければ話す力があっても意味がありません。

相手の意図に沿った返答をすることがビジネスでは必要なスキルです。

 

 

例えば、

 

あなたは周りからどのような人と思われていますか?

 の質問に対して、

 

面白い・優しい

 

と答えているようでは、面接の点数としては0点です。

 

この質問の意図には、

あなたは、集団の中でどのような役割を担っているか?』

と言う事が隠されています。

 

なんでこの質問をしてきたのかを考える事が大切です。

 

 

 

この聞く力と読む力は付け焼刃で身につくものではありません。

この力を訓練する方法として、世代を超えた交流を進めている人います。サークル活動やアルバイト等年の離れた人との会話でこの2つの力を意識して活動してみてはいかがでしょうか?

 

 

面接でコミュ力をアピールするにはどうすればよいのか?

 

企業側がコミュ力の高い人を欲しいとなると、面接を受ける側はそれをアピールしなければいけません。

 

しかし、いくら企業側がほしいと言っても、自分で『コミュ力あります!』と言うのは良くないので決して言わないようにしてください。

 

コミュ力は面接通して面接官が判断するもので、自分で言うのは『俺モテます!』 と言っているようなもで、実際言われたらどうですか?

ちょっと微妙ですよね?

 

このコミュ力は、面接を通して面接管に察してもらうものです。自らアピールしてはいけません。

 

企業が求めている、「コミュ力」について正しく理解することで、コミュ力=会話力と勘違いしている他の就活生に差をつけることができると思います。

 

話す力、聞く力、読む力を普段から意識することで、自然と身についてきます。

あなたもこの3つっを意識してコミュ力をつけてみましょう。