就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

企業が手書きのエントリーシートにこだわる理由

f:id:miumaga:20150223205451j:plain

企業にエントリーシートは、どのように受け付けているかアンケートをしたところ、インターネットが55%に対して、手書きが45%にも及びました。

 

このデジタルな時代に、手書きが半数くらいもいるのです。

 

採用側からしてみれば、人柄が垣間見える手書きエントリーシートは、採用を判断する大切な材料となっているようです。

 

まさしく美文字が就職活動に大きく影響を及ぼすようです。

 

 

美文字で厳しい就職活動に挑もう!

 

流行語大賞にもノミネートされていた美文字ですが、就職活動を行う学生たちの間でも注目を集めているようです。


丁寧で整った文字を書く人は、それだけできちんとした印象を与えることができます。

人間、視覚から受ける情報はその人の印象に深くかかわってくるものです。それは、文字も同じです。

企業に提出するエントリーシートや履歴書の文字が汚いものだったならば、採用担当者の印象も悪くなるというものです。

 

学生たちは、その美文字を求めて書道教室に通う学生もいるようでなのです。

これまで、就職活動の一環として書道教室にやってくるということは、なかった現象だといいます。

 

 

それではなぜ企業は『手書き』にこだわるのか?

 

 

企業は面接や筆記試験に加えて、書くのが大変なエントリーシート手書きで書かせることによって、真剣さを見極めようとしているそうです。

 

ある企業の担当者は、

 

字の書き方は、その人の人柄が出るので手書きにこだわっています

一字一字きちんと書いてあると、その履歴書を読んでみたくなる

 

と言っていました。

 

そうです、企業は『文字』であらわれるその人の人柄を見ているのです。

 

 

企業は大量のエントリーシートに目を通さなければいけません。パソコン打ちのエントリーシートでは一瞬見ただけでは優劣がわかりません。しかし、手書きならば文字の綺麗さなどで優劣が見た瞬間にわかります。

これにより企業は、手早く学生を選別していくことができるのです。

 

当事者の学生たちには、文字のきれいさなどで人柄を決められてたまるかなどの意見もありますが、企業側がそれを望んでいる以上頑張るしかないような気がします。

 

採用の担当者は字の上手・下手ではなく、丁寧か雑かで文字を判断しているようですが、美文字でることにこしたことはないので、文字に自信のない人はこれを機に勉強をしてみてはいかがでしょうか??

 

 

30日できれいな字が書けるペン字練習帳 (TJMOOK)

30日できれいな字が書けるペン字練習帳 (TJMOOK)