読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

調剤薬局のお仕事

f:id:miumaga:20150227120359j:plain

薬剤師のお仕事としてかなりの割合で有資格者が就職をするであろう調剤薬局、 高齢化社会現代社会、調剤薬局の薬剤師への期待はさらに高まってきます。

 

一度にたくさんの病院にかかっている患者は、同じ薬を複数の病院から処方されてそのまま知らずに服用してしまうこともあるかもしれません。

 

このような危険なトラブルを回避してくれるのが、調剤薬局の薬剤師の役わりで、かかりつけの医師ならぬ「かかりつけの薬局」という存在です。

 

スポンサードリンク

 

かかりつけということで、処方された薬の量や飲み合わせなどをチェックしメリットし、患者の体質や薬の服用記録を管理して、総合的に専門的な立場から指示をします。

薬はどこへ保管したらいいのか、処方された薬にはどんな副作用があるのかなどのアドバイスをすることになります。

 

 

調剤薬局の薬剤師の仕事内容

主な業務として

「処方箋の受け付け」「薬歴の管理」「服薬指導」「保険点数の計算」

などがあります。

 

処方箋の受け付けでは、

処方箋と薬歴カードをみながらチェックします。

以前に副作用を起こしたことがあった場合などは、医師に問い合わせをしたりするケースもあります。

 

薬歴の管理では、

複数の病院にかかっている場合、一緒に服用すると副作用を起こしてしまう薬もあるので、それを避けるために薬物療法の情報を集め管理します。

 

服薬指導では、

薬の名前や服用のしかたでの注意点などを患者に指導します。

ただ単に薬の知識を話すだけでなく、しっかりと薬を飲んでもらえるような信頼おけるアドバイスをすることが大切になってきます。

 

そのほかに保険点数の計算」も大事な業務となります。

 

 

服薬指導をするうえでのポイント

 

人と人のコミュニケーションなので、服薬指導は教科書どおりにいかない難しさがあります。

 

それは、服薬指導は患者さんによって方法を変えなくてはならないからです。

どうして薬とその食品の組み合わせがダメなのか、一緒に体に摂ってしまうとどうなるのか、そのことをしっかりと患者さんに伝えてアドバイスしなければいけません。

 

しかし、副作用のことを話すと患者さんによっては不安になったり、神経質になってしまったりする場合もあるので、患者さんの聞いている雰囲気や気持ちの状態に気を配りながら指導していく事がポイントになってきます。

 

 

 

調剤薬局の薬剤師のお給料

 

調剤薬局の薬剤師の年収は約400~600万円くらいで、製薬会社やドラッグストアの薬剤師よりもやや低い年収ではあります。

 

薬を調剤したりお客様に服薬指導といった薬剤師の基本部分をしっかりと学びながら、

安定したお給料を見込むことができます。

薬剤師として腕を磨くためのよい経験になるでしょう。

 

調剤薬局で働くといっても管理薬剤師となった場合は100万~300万ほど給料アップが見込めますので、そこを目指してスキルを上げていくのも良いと思います。

 

薬局の薬剤師は、薬を売るだけではなく、患者さんが薬のこと、体のことを相談できる身近な信頼できる専門家としての期待が今後ますます大きくなることでしょう。

 

 

薬剤師になるには (なるにはBOOKS)

薬剤師になるには (なるにはBOOKS)