就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

知力・体力・時の運 会社員に必要なのは?

 

仕事で壁に直面した時、誰しも自分の力の至らなさを痛感するものです。

人それぞれその力は様々ありますが、会社員にはどんな力が最も必要と感じるのか?

 

働き盛りの社会人200名に知力、体力、時の運に限定して、会社員として最も必要な能力を聞いた所、

 
●知力 34.5%
●体力 36.0%
●時の運 29.5%


と言う結果になり、「知力」「体力」が「時の運」を上回ったものの、意見は見事に3分割に割れました。

運も実力のうちとは言いますが時の運」が3割に及ぶあたり、サラリーマンのやるせなさが感じます。

 

それぞれを選んだ方の意見をご紹介すると…


●知力を選んだ人
「体力には限界があるので」
「知力があれば体力の部分は他にまわせる」
「実際、頭のいい人の方が効率的な方法を持っているから」
「知力があれば人間関係もうまくこなせるかも」
「頭が悪いと戦略が立てられないと思うから」
「お金が稼げそうだから」
「頭の良さはなかなか努力ではカバーできないから」

●体力を選んだ人
「病気をすると他の社員の迷惑になる」
「ストレスや疲労に耐えるには体力が一番必要不可欠だと思うので」
「体が資本とはよくいったもんです」
「健康でなければ知力も運も使えないから」
「体が資本だから。体調を崩したときに、仕事がままならなくなったから」

●時の運
「今まで何度もそう思ったから」
「先輩とか、後輩は選べないから」
「知力や体力は普段から必要だけど、運だけは巡り合わせで忍耐が必要だから」
自分を冷遇する嫌な性格の上司が辞めて、ごく普通の性格の人が上司になった途端、あっけないぐらい簡単に自分の待遇がよくなったことがあるから
「いつも次期店長、と言われなかなかならないから」
「就職する年が1年違うだけで、能力のない人がいいところに就職できたり、逆が希望通り就職できなかったりした現実を何度も見たから」



自身の体験を基にしたと思われる意見が多く、説得力があります。

 

わたくしも、いくつか共感できる意見がありました。

青字で書いてある事は、自分自身も体験して骨身にしみました…


やはり、会社員生活も数十年とやって行くと、実力があってもそれだけでは、いけないと言う場面はよくありました。
この時の運とやつは、ほんと巡り合わせとしか、言いようがありません。