読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

58.5%の人事が「面接は最初の3秒で決まる」と実感

就職活動のアドバイス

就職活動で採用にもっともウエイトが占められるのが面接試験。

それだけに面接の場では、限られた時間の中で、誰もが必死にアピールします。しかし、その面接が始まって3秒で決まるとしたらどうでしょうか?

 

そんなはずはないと思うかもしれません。通常面接は15分から30分くらいが一般的ですが、人間を判断するのに第一印象はとても大きいとも言われます。

 

実際に面接が3秒で決まるのか?人事の担当者に聞いてみたところ驚きの結果に…

 質問の内容は、

 

『面接は最初の3秒で決まる!』というのはあながち間違いではないと思いますか?

 

という質問です。

 

 

この質問に対し、

 

●ある 58.5%

●ない 41.5%

 

という驚きの結果になりました。

なんと、58%以上の担当者が最初の3秒で決まると実感した経験があるというのです。

 

この結果をみて、懸命に考えた自己PRや志望動機は無駄になるのか?と考え込む就活生もいる事でしょう。

 

それではこの3秒ルールはどうするともできないのでしょうか?

 

詳しく説明をするとこの3秒ルールは、見た瞬間この人採用!という場合ではなく、その人の第一印象で不採用だというパターンが圧倒的に多い傾向にあります。

 

それでは、どういった場合にそういう事になるかというと…

 

面接をする部屋に入る瞬間

面接官がまつ部屋に入る瞬間はとても重要です。緊張するのは分かりますが、おどおどしないで、堂々とした態度でハキハキ行動しましょう。

この瞬間で、『自信がない学生』と印象を持たれると、3秒ルールに引っかかります。

 

正直、第一印象は自分では分かりにくい部分ではありますので、周りの人にアドバイスを求めて客観的な意見を聞いてみると良いでしょう。

 

ここぞという時の笑顔

相手と話す前は、笑顔を意識しなくてもよく、無表情でも良いそうです。しかし、話す時には明るく軽快に、その笑顔をその時に使ってください。そうすることで、ギャップが生まれて効果的になります。

また、笑顔が苦手な人は『口角を1センチあげる』を意識することから始めてみましょう。

 

 

 

今回の記事では、面接は最初の3秒で決まると書きましたが、たとえ本当に最初の3秒で決まってしまうとしても、懸命に考えた自己PRや志望動機が無駄になるわけではないことは覚えておいてください。

あなたの自身や熱意は、時には第一印象よりも良い結果を生むこともあります。

 

 

しかし、開始3秒の壁もある事は事実です。

少しでも、面接突破の可能性を上げるために、上記の2つを意識してみてはいかがでしょうか?