読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

転職を経験することのメリットとは?

転職のアドバイス

f:id:miumaga:20150424220805p:plain

いざ転職をしようということになると、どうしても尻込みする人も少なくはないでしょう。自分もその一人でした。

 

おそらく転職を決めかねる最大の壁は、具体的なイメージを持てるか持てないかだと思います。感じがわかっている現在の会社と、実際に入ってみなければわからない転職先のイメージがつかないことが壁になるのだと考えます。

転職先がよくわからないのは当然のことです。しかし、このご時世、今の会社にいても将来どうなるかなんて分からないのが本当のところではないのだろうか?

今の現状、10年先の将来を読むことができる会社なんてほとんど存在しないのが現状ではなかろうか?

 

それなのに、幻想のように頑張っていれば絶対に良くなると、思い込んでしまいがちなり、なかなか新しいことに踏み出せなくなりがちです。

 

そういう自分も最初の転職を決意するまで、このような精神状態になりましたし、退職を伝えた時の引き留めの時に、先輩から将来きっと良くなるからと説得もされました。

 

まぁ、結論から言うと、転職をしてみて『転職をしても何とかやっていけるものだ』ということがわかりました。当の先輩たちも、その数年後退職をしたそうです...

 

転職をするにあたって、仕事が見つからないかもしれないという不安はありますが、働き口さえ見つかってしまえば、何とかなるものです。

健康で、やる気さえあれば多少の収入ダウンはあっても何とかやっていけるものです。

 

 

さて今日は転職を経験するとよい事ですが、転職を経験すると、これまでわからなかったことも見えてきます。一つの会社で頑張るのも一つの選択肢ではありますが、チャンスがあれば、転職をするのも一つの勉強となるので悪いことではありません。

 

まず、一つは会社の距離感がわかります。

どうしても1つの会社だけにいると、その会社の持っているものの見方や価値観を当たり前と考えがちになります。

 

自分のいた会社がどれくらいの規模の会社なのか?

そこで行われている事がどれだけ正しいか?

どれが常識でどれが非常識なのか?

 

などが、わからなくなっていきます。

しかし、複数の会社の価値観を経験していると、それぞれが比較でき客観的に会社を見れるようになります。A社での常識がB社では非常識という事は結構あります。

 

また、転職の回数が多ければ多いほど友達の数が増えることでしょう。友が増えるということは人脈が増えるということで、その人脈が今後の人生にどう関わってくるか、わかりません。

若いうちは、自己投資と人とのつながりを成熟させることが大切です。

 

転職するほうがよいのか、自分にはどんなチャンスがあるのかは、個人差はありますが、転職をしないという人生もあってもよいと思いますし、転職を必ずしなければいけないということはありません。

 

 

これを見てあなたは、どう決断をするのでしょうか?