読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

よく聞くけど実際の仕事内容が良く分からない資格

資格

f:id:miumaga:20150428225154j:plain

名前だけはよく聞くし、知名度もあるのも知っていますが、実際にはどんな仕事をしているのかという資格が結構ありますよね?

 

そんな有名な資格とその仕事内容を取り上げてみます。

 

興味があったらチャレンジしてみてはどうでしょうか?

ファイナンシャル・プランナー

 

仕事内容として、家族構成や収入・支出、資産・負債などのあらゆるデータを分析して、貯蓄計画や保険、投資などのライフプランを提案し、それを実現していくための手助けをしていくのが主な仕事です。

仕事相手は企業ではなく、個人に対して、よりよい生活を送るためのアドバイスを送る専門家です。

 

その顧客のニーズに合わせて、専門家と連携して、応える能力と調整力が必要です。

 

自分だけで解決が難しい場合は、税理士、社会保険労務士、弁護士、行政書士などの他の専門家と連携してアドバイスをしていきます。コミュニケーションがカギになる職業です。

 

活躍の場として、地域で行われる税金や保険の見直しの無料相談会や不動産関連の相談会などに呼ばれることが多いです。

ファイナンシャルプランナーの中には銀行や、保険会社、金融機関や不動産会社といった企業に所属し、それぞれの仕事内容に合わせたプランニングを行う人たちがいます。

 

 

行政書士

 

書類作成のプロで、主に行政機関に提出する書類を作成するのが主な仕事です。

知識があれば書類を作成して提出するのは誰でもできますが、その書類作成を仕事として報酬をもらうのは行政書士という資格を持った人だけができます。

 

書類作成の分野は、遺産相続、離婚、交通事故、債務整理消費者問題、不動産や知的所有権、サービス等の取引、成年後見などの様々な分野で活躍しています。


例えば、クーリングオフなど悪徳商法の解約代行を専門にしている行政書士の方もいらっしゃいます。また、簡易郵便局設立認可申請や旅館業営業許可申請、医薬品製造許可申請、離婚協議書の作成など、行政書士の仕事のフィールドはかなり広いです。

 

 

社会保険労務士

 

社会保険関係、人事・労務関係の総合的なお仕事です。 社会保険関係の法律に基づく各種書類の作成業務が主な仕事です。

 

その業務は1号・2号・3号に分かれていて、

◆1号業務
・労働社会保険諸法令に基づく書類の作成、提出代行
(例:健康保険、雇用保険労災保険等への加入、脱退、給付手続き/助成金等)
◆2号業務
・労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成
(例:労働者名簿・賃金台帳の作成/就業規則、各種労使協会の作成等)
◆3号業務
・人事や労務に関するコンサルティング
(例:人事配置、資金調整、企業内教育などのコンサルティング等)

 

1号と2号は書類作成と提出代行で、社会保険労務士の独占業務になっています。

 

年金・コンサルティングは、社会保険労務士の能力が一番発揮できるジャンルとなっており、時には解雇などの労使間トラブルへの対応を迫られることもあり、人と人との間の関係を取り持つ交渉人のような仕事も行う事もあります。

 

まさに経営者と従業員の間の調整役を一定引き受ける仕事です。

 

 

アクチュアリー

 

将来の出来事の発生確率を評価し、望まれない出来事の発生確率を減らすよう知恵を絞り、起こってしまった出来事の影響を軽減することを考える専門家で、保険会社や銀行、各省庁などが主な活躍の場です。


なかでも保険会社では、保険業法によって保険計理人はアクチュアリーの有資格者から選ばなければならないという規定があるため、高い需要があります。

その人数の少なさから、引く手あまたな資格と言えるでしょう。


保険料や年金の掛け金を算定、年金運用計画、リスク管理などを行います。

 

 

証券アナリスト

 

株式市場だけではなく、債券市場、商品市場、景気動向など、経済全般をその管轄分野としています。市場での価格決定はアナリストたちの投資判断によって大きく変動をするために、社会的意義と責任が大きい仕事です。

 

日系証券と外資系証券とでは、アナリストの仕事内容がまったく異なっているようです。

 

日系証券のアナリストのお仕事は、担当企業を取材し、レポートを書く、いわば雑誌記者に近いのが特徴です。


一方で外資系証券のアナリストは、リスクのある株式市場へ投資家を引っ張り込み、手数料を落とさせる役割を担っています。

特定の銘柄に対して、「買い」とか「売り」の意見表明をしなければなりません。

 

 

弁理士

まず技術内容を把握し、特許権実用新案権のどちらが適切かを判断します。また、どのようにすれば広い権利が取得できるかを検討するのが仕事です。

 

知的財産のプロフェッショナルとして、企業の総合的なコンサルティングもします。

 

時には弁護士とチームを組んで、訴訟を乗り切ることもあります。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com