読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

社会に出てみて始めて知った事

転職・就職についてのコラム

f:id:miumaga:20150210130324j:plain

働き出して数年もたてば、学生時代には分からなかった「会社の仕組み」や「サラリーマンの実態」が見えてくるものです。

 

その中には良いこともあれば、これはおかしいぞと言うような事まで様々です。

今回はそんな社会に出て知った事を書いていきたいと思います。

 

 常識のほとんどはその人の美徳の場合が多い

よく『常識』と言いますが、この常識と言うものはハッキリ言ってうやむやだと思っています。簡単に言えば、その会社での常識と捉えた方が良いのではないかと思います。

 

転職をしてみて初めて、この会社では通用したのにあの会社では通用しなかった常識ってたくさんあります。

 

身につけた方が良いのは、常識ではなく礼儀やマナーを身につける事が大切だと感じます。常識と礼儀とマナー似ているようでちょっと違うと思うんです。

 

常識なんてのは、個人の価値観に過ぎない場合も多く、法律の線を超えちゃってる様な場合もあるので、見極めが必要です。

 

分かりやすいのが、『出社は始まる1時間前に来るのが常識だ!!』と言う上司、わたくしもこの手の人間にあったことはあります。これなんかは、常識ではなくその上司個人の美徳だと思うんです。

そんな常識、労基法に照らし合わせれば、早出残業にあたり会社としては1時間分の賃金を支払わなければならない事案です。残業は8時間以上働いた人に払わなければいけない賃金です、これが朝だろうが夜だろうが同じです。

 

しかし、これが10分前だとどうでしょうか?

 

厳密に言うと早出かもしれませんが、これだと礼儀やマナーの範囲と感じるのではないかと思います。わたくしでも待ち合わせの10分前にまっている位ですから、広く認知されているマナーではなかろうかと思っています。

 

 

学生時代にやった勉強について

 

よく社会に出たら学校で教えてもらうような勉強は役に立たなかったと言いますが、本当のところはどうなのでしょうか?

 

ここからは、わたくしの見解です。

 

結論から言うと学生時代の勉強は、基本的な読み書き、計算ができれば他はいらないことが多いと感じます。少なくても、わたくしが今まで仕事をしてきて織田信長がどうしたこうしたなどの知識は一切役に立っていません。

 

現実、同じ会社に東大出身者がいて、自分は高卒で入社して結果同じところで働いてるじゃん、しかも自分のほうが役職が上だし…なんてこともあります。

それなら、わざわざ苦しい思いをして勉強を頑張らなくてもよいのかと思います。

 

 

しかし!

 

 

ここからが大事です。

 

 

だからと言って、勉強を頑張らなくて良いかと言うとそうではないと思っています。

 

勉強を頑張った人は学歴は高いです。勉強をさぼっていた人は当然学歴は低いです。

 

その違いはどこで現れてくるのか?

 

それは、選択肢です。

 

先ほど、東大卒の人より役職が偉いと言いました。確かに、会社では自分ほうが仕事もできるし当然だとは思っています。

 

しかし、東大出と高卒には徹底的な違いがあります。

 

入社のプロセスです。

 

高卒の私は、少ない選択肢の中からその会社を選び入社しました。しかし、東大出の人は自分よりはるか多くの企業の中から同じ会社を選んだといいます。

 

そうなんです、高卒の私には選ぶ権利が少なかったんですよ…

 

東大出の人は、省庁の官僚を蹴ってまで現在の会社に就職したといいます。どう考えても私には、官僚なんてものなりたくてもなれません…

 

違いはそこなのです。

 

今がいいからそれでいいじゃね~かと思いますが、考えてみてださい。

もし人生の途中で、方向転換をしたいと思ったときに学歴が低いことでそれができないとなったらどうしますか?

 

学歴が高いということは、自分の人生の道が多くなるってことなんです。

就活をする時も選択の幅がたくさんあり、かつ転職で方向転換をしたいときにも選択の幅が多くなるのです。

 

このことを学生時代に気が付くか気が付かないかで、勉強に対するモチベーションがかなり違ってくると思うんです。

 

まぁ、自分の将来がきちっと決まっていて、それに勉強が必要がないという人はしなくてもいいと思います。

しかし、まだキチッとした方向性を見出してない人は、選択肢を広げるために学生である今のうちに勉強というものを少し見直してみてはいかがでしょうか?

 

私自身は、勉強をさぼった側の人間で転職(方向転換)をしたときにこのことを特に痛感しました。学生のうちにこのことに気が付いていれば、勉強に対する姿勢が少し違ってたのかなと思っています。

 

 

 

勉強嫌いほどハマる勉強法

勉強嫌いほどハマる勉強法