就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

早期の離職率が高い新卒社会人の特徴とは?

f:id:miumaga:20150610125323p:plain

以前新入社員の3年以内の離職率という事で記事を書きましたが、今回はそれに関連した事を書いていきたいと思います。

 

前回の記事では、主に業種別の離職率離職率が上がった背景などを書いていきました。また、記事の最後の方では離職率が高いのは何も企業だけのせいではなく、新入社員側にもあるんですよ~みたいなことも書きました。

 

そこで今日は、その新入社員側にピックアップをしてその特徴を書いてみたいと思います。

 

 

早期の離職率が高い就活生の特徴とは?

学生が就活をするにあたり、企業を決める基準や要素はたくさんあります。その代表的な基準は、『企業の規模』『年収』で、就活生のほとんどはこの基準で決めている人が多いことと思います。

 

新卒社会人の離職率が増加している現在、全体の3割以上人が3年以内に離職をしているというデータが出ています。そんな中、本当に『企業の規模』や『年収』で就職先を決めても良いモノなのか考えてみたいと思います。

 

新卒で3年以内に退職をしてしまう人の多くは、仕事がつまらない、自分にあっていないと感じ辞めてしまいます。

そんな人の多くは、自分のしたいことを明確に持っておらず、就活の際に『企業の規模』や『年収』で就職先を決める人が多いです。

 

その結果、入社後のギャップに戸惑ってしまいます。

そして、仕事に身が入らなくなりやる気が出なくなる、やる気が出ないと満足な結果など出ません。そうなると、上司からの指摘をうけ面白くない自分は、上司に対して不満がでて、人間関係が悪いと感じそれが積み重なり辞めようとなるのです。

 

 

就職活動の基準の見直し

そもそも『企業の規模』や『年収』で就職先を決める場合、安定を求めて決めていると思います。ここで一つ言いたいのは、安定した企業とは、規模の大きい企業でもなく、年収の高い企業ではないという事なのです。

『企業の規模』や『年収』で就職先を決めてに就職する事と、満足感が得られる仕事が出来るかどうかは全く別問題です。

 

よって『企業の規模』や『年収』で就職先を選ぶべきではなく、自分のしたいことを明確に持ちそれを実現できる企業に入社する事が大切です。

 

その結果が、大企業であったり、年収が高い企業であれば問題はありません。

 

わたくしの経験上、自分のやりたい仕事は大企業や会社の歴史が長いほど出来ずらいと思ってます。そういった企業であればあるほど、型にはまったスタイルしかさせてもらえないような気がします。

 

就職活動で大切なのは、自分がしたい事を実現できる企業に就職する事!

その結果が大企業であれ中小企業でも問題はありません。

 

企業決定の段階で『自分のしたい事ができる環境かどうか』をしっかりと見極める事です。

 

学生時代を思い出しましょう。

自分の好きな科目は楽しいですしすぐ覚えられましたよね?一方で嫌いな科目は時間がながですし、苦痛でしかありません。

 

自分のやりたいことが出来る環境の企業であれば、満足感を感じられ、自然とスキルアップもしやすく成長が望めることでしょう。

 

就職も転職も一生を左右するものです。苦労して就活をしたからこそ長く働きたいと誰もが思うものです。


その為には企業規模や年収だけで会社を選ぶのは早計です。

満足感を感じられるような企業こそがあなたの居場所と言えるのです。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com