就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

様々な給与体系の違いについて

f:id:miumaga:20150611124404p:plain

求人票を見ていると、会社には色々な給与体系があります。

 

アルバイトは時給、正社員は月給、契約社員は日給など雇用形態によっても様々な給与体系があります。

 

さて、よく求人票や内定後の面談時にあなたの給料は『月給日給制』と聞かれたり、雇用契約書にそれが記載されていたことはありませんか?

 

『あれ?求人票にたしか月給○○と書いてあったような?』

 

このような事、結構あると思います。

 

実はこの月給制には、2種類あり完全月給制と月給日給制と分かれています。

ほとんどの民間企業では、月給とかいてますがほとんどがこの日給月給制を採用しています。

 

それぞれ何が違うのかというと、

 

完全月給制

給与に記載は、基本給○○円、○○手当○○円などと記載されています。

労働法上は、働いてない時間分の給料は払わなくても良いという決まりがありますが、完全月給の場合は、遅刻、早退、欠勤があった場合に給料から引かれません。

しかし、うわさでは賞与の査定でしっかりとられているとかいないとか…

 


月給日給制

同じく給与記載は、基本給○○円、○○手当○○円などと記載されています。

完全月給との違いは、遅刻、早退、欠勤の扱いが変わり、それらが発生した場合は、会社規定に基づき給料から引かれます。

ただし、会社によって有給が残っている場合、突発的な欠勤などに有給を当ててくれるなどの配慮もしてくれるところもあり、必ずしも給料から天引きされません。

 

 

月給日給制と似たような言い回しの日給月給というのがありますが、給料ベースが日給の積み重ねが月の給料に反映する体系です。当然労働日数の少ない月は年平均より賃金が減少し、労働日数の多い月は年平均より賃金が増加します。

そのため、欠勤による賃金の天引きはありませんが、遅刻、早退の扱いは月給日給と同じになります。

 

 

どれも聞いたことはありますが、詳しい内容まで把握している人は少ないかと思います。まずは、それぞれしっかりと把握して就職活動・転職活動の参考にしてもらえればと思います。


 

次に、他の給与体系を復習の意味で書いてみましょう。

 

日給制

一日○○円と言うように、給料体系が決まっています。支払はその日に支払われることが多いです。簡単に言うと日雇いの人はこの形式になります。

 

時給制

労働時間×時給単価で計算された給与体系で、アルバイトやパートタイマーなどでこのような形式が多いです。

 

よく最低賃金と聞きますが、最低賃金はよくこの時給で表示されるのが一般的です。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

年俸制

年に支払う総支給額を賞与も含めてあらかじめ決めておき、12分割以上で支払う賃金形態です。分かり易いのは、野球選手などがこれにあたります。

民間企業では、最近ポツラポツラと出てきているようです。

 

f:id:miumaga:20150611124739j:plain

こうしてみると、色々な給与体系があるのが分かります。

会社が内定したのはいいが、自分の給与体系は入社前に確認しておかないと、思わぬ落とし穴が待っているかもしれません。

内定後の条件交渉時が最後の質問のチャンスなので、人事の担当者にしっかりと聞く必要があります。そこで、人事の担当者の説明があいまいな場合は、そこの会社自体の入社をもう一度よく考える必要があるかもしれません。

 

俗に言う、ブラック企業かもしれません…