読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

30代前半までが勝負、それまでにいかに人材として価値を高められるか。

転職・就職についてのコラム

f:id:miumaga:20150613125055p:plain

 

少し前に『会社員の値打ちは30代前半までくらいが勝負』と言うような事を書いてある記事を見つけました。

 

私自身はもう30代前半どころか、アラフォーと呼ばれる年齢となり、それなりの地位にはいるつもりではありますが、人材としての値打ちはいか程なものだろうと考えさせられました。

 

今回は、どのようにしたらその年齢までに人材の価値を高めることができるかを少し考えてみたいと思います。

 

30代前半までに人材として価値を高めるには、 まず一つ目居場所を見つけることです。

ここで指す居場所とは、成果を上げたらきちんと自分を評価してくれる職場であることと、この会社で仕事ができて幸せだと心から思える会社だそうです。

正直言うと、この2つのうち1つでも当てはまる職場が見つかれば御の字のような確率な気がしますが、良い仕事をするためにはこの2つの条件は大切なのだといいます。

 

理由としては、いくら自分が好きな仕事をできたとしても、上司や周囲がきちんと評価し、認めてくれない限り良い職場とは言えず、そこが居場所とも言えません。

良い仕事をしても評価が低ければ、他部署の移動や昇進もままならないでしょう。

しかし、30代前半くらいまでに、これらの居場所を見つけることができれば、同世代の中ではよい結果になっていることでしょう。遅くても35歳までには見つけておかなければいけないということです。

 

この居場所を確保できたのなら、同世代の中で頭ひとつ抜きん出るような仕事をするように意識しましょう。ほかの社員よりブッチギリでの大活躍が理想なのですが、現実問題なかなかできることではありません。

まずは、同世代の社員と比べて、仕事に対する姿勢や仕事の取り組み方の評価を上げるような仕事っぷりを見せつけることから始めてみましょう。

こういう小さな積み重ねで、重要な仕事を任せてもらえるようになるはずです。

 

しかし会社では、真剣にかつ真面目に仕事をしていても、上記のような居場所が悪く評価が低かったら意味かありません。上司から評価をされて本当に評価をされているということを頭に入れておいてください。

 

 

仕事には人それぞれの形が存在します。電話の受け答え、メールの書き方一つとっても、それぞれの形があります。

こういった自分の形をできるだけ早く、正確にマスターできると仕事が楽しくなり始めて、一定の成果や実績を残せるようになります。

 

そういった仕事の形を30代前半までに一つでも多く、覚えていき35歳過ぎるころにはそれらをマスターしていきたいものです。そして、40代になった時その形に磨きをかけて研ぎ澄ますことが大切です。

 

30代半ばで活躍する人は、私生活の足元を固めている人が多いです。

足元を固めている人は、心や精神が安定する傾向が見られます。心が安定することで、上司気に入らないと言う理由などで安易に転職を繰り返すことが少なくなります。もし会社を辞めることになったとしても、明確な理由を持つようになります。

 

足元を固めると言う代表的な例は、結婚が一番に思い浮かびます。

守るべき家族がいれば、仕事に対する姿勢が大きく変わり、会社の人たちをはじめ周囲との人間関係を大切にしようとします。そうなる事で、仕事のレベルが上がり、それが会社にとって良い方向に向かっていきます。

仕事のレベルが上がり、質の高い仕事が出来るようになる、それにより仕事自体がより一層面白くなり、やりがいを感じるようになる、この好循環が大きく飛躍するチャンスが広がります。

 

この好循環が、30代前半までにある程度出来上がっていなければいけません。

 

30歳から35歳までは、会社員にとって将来を決める勝負の時期になります。この時期に同世代の中で、出世組に入っていないと、その後の昇格は苦しいことでしょう。

一回、出世組から脱落すると、そこに戻るのはほぼ不可能でしょう。

 

現在30歳から35歳の会社員のみなさん。

今は大事な時期だという事を自覚して、これから仕事にはげんでください。