就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

40代~50代で出世が遅れている人の特徴

f:id:miumaga:20150702212611j:plain

40代~50代の同世代の中で、昇格が遅れている『出世コース』から外れている社員もちらほら見かけます。ちなみに私は30代後半で。100人前後の社員数の会社なのですが、40歳そこそこですでに役員になっており、自分が40代になる頃には恐らく遥かかなたの存在になっているかもしれない人もいます。

 

1000人以上の大企業を見てみると、40代半ばで役員になっている人は、10年以内に取締役になり、社長と言う立場を狙えることでしょう。

このような出世コースに乗れる人は、大体同世代で1割くらいなもので、残りの9割は普通に終わるかそうでないかに分かれることでしょう。

 

それでも、普通に終われば良いのですが、中にはずっと平社員のまま終わる人もいます。このまま、普通にいけば課長にはなれるはずなのに、なぜ50代にもなって平のままなのか?会社の事情も少なからずありますが、そのような人たちには、ある共通点があります。

スポンサードリンク

 

過去の栄光にすがろうとする

こういう人は今の自分に自信がないから、過去の栄光にすがろうとする傾向にあります。例を挙げると、若かりし頃は同世代の中で大きな仕事を任されていた、自分がお前らの年の時は期待されていたなどと良く言っている。

それだけなら良いが、さらには学生時代の事までさかのぼる時もあるので厄介です。

40代~50代くらいなのに、80代くらいの人と同じような事を言っているのです。

自分がなぜ昇格が遅れている、していないのかを考えようとしないのです。本来は、自分に理由があるはずなのですが、それを振り返ることもせず、会社批判が始まる。

そのような態度がますます、昇格を遅らせる事も知らずにいるのです。

 

 

同僚への嫉妬が強い

同年代と比べて出世競争に負けたのだから、多少の妬みひがみはあるのは当然ですが、40代~50代で昇格が遅れている人のケースは、そんな同世代の出世グループに対し、これでもかと言うくらいの強い嫉妬心がある事が多いです。

例えば、挨拶はしないはまだよい方ですが、仕事上の会話までしないと言う人がいるのは驚きを隠せません。正直、同じ職場にいる私たちが見ていると、気持ちいいモノではないです。

気持ちは分からなくもありませんが、ここは会社で周囲の目がある事を忘れてはいけないと思います。

 

 

出世が早い人にはそれなりの理由がある

昇格と言うのはそもそも、入社した時からの『人事評価の蓄積』である事を覚えておいてください。社員数が数百人以上の会社ならば、人事の評価は人事部に記録として何らかの形として残っています。

人事異動で他の部署に移ったとしても、その記録は残り続けます。そのため、高い評価を受けた人は、移動先でも大きな仕事を任せられる傾向があるのです。そこでも、成果を出した人はおのずと高い評価を受ける事になります。 

昇格の早い人は、その人事評価が20代~30代の頃から高く、その積み重ねが多いはずです。多少の失敗はあるかもしれませんが、それを差し引いても評価の点数は高いはずです。

 

 

会社員としての意識が甘い

役員だろうが、管理職だろうが、平社員でも会社に所属していう以上、誠実に働く義務はあります。出世コースに乗れなかったかもしれませんが、会社員として当事者意識を持って、懸命に働くべきではあります。

会社組織とは、利害関係が複雑に入り乱れている組織なのです。だれでも、人事の評価には、何らかの不満はある事でしょう。しかし、それを受け入れないのは、会社員として当事者意識が乏しいからと考えます。

 

 

危機感がない

40代~50代になっても、昇格が遅れていたり、していないという事は会社員として危機と言えます。会社の業績が悪くなり、人員整理を余儀なくさせる時、すぐさまリストラの対象になるのは、そういった社員たちになることが多いです。

特にそれらの世代は、住宅ローンや子供の教育資金が一番かかる時期でもあるので、収入が断たれるととても厳しいです。

たとえ定年まで会社に残ることが出来る確約がある人でも、危機感を持って仕事に取り組まなければ、現状を改善する余地もないという事です。それくらい自分は、危機的な状況にあるという事を自覚し、心を入れ替えてひたすら仕事に取り組まなければ、いけないという事なのでです。

 

 

 

今日の記事は、20代~30代前半くらいまでの人には、ピンとこない話かもしれません。しかし、出世と言うものは、いったん差がつくと、そう簡単に取り戻すことはできません。

出世するだけがすべてでないと言う人も中にはいます。

それも、会社員として一つの生き方ではありますし、否定はしません。

 

しかし、会社組織の中で生き残るのは、最低でも平均点以上の人材ではなくてはいけないと思っています。簡単にいえば、普通で良いのですが、その普通も簡単な事ではなく、それなりの努力が必要なのです。

 

 

出世の教科書

出世の教科書