就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

履歴書の備考欄について

f:id:miumaga:20150730222814j:plain

就職や転職活動では、必ずと言って良いほど履歴書を書くと思います。

 

ほとんどの応募者は履歴書で、自己PRや資格や学歴・職歴などを記入して採用担当者にアピールをします。最近の就職や転職活動では、面接の前に書類選考が多くなってます。

 

そこで他の応募者と差をつけるのは、やはり履歴書となります。

スポンサードリンク
 

 

しかし、履歴書は書式がある程度決まっていて、書く内容もほとんど客観的な事ばかりで、同じくらいの学力やスキルがある人の場合、あまり差が付きにくい傾向にあります。

 

少しでもこの人に会いたいと思わせる履歴書を作成するには、他の人たちよりも他の部分で差を付けなければいけません。

 

 

では、履歴書のどの部分で差をつけるのか?

 

 

それは、『備考欄』です。

 

 

私自身も、新卒者や中途採用者の履歴書を何度か見せてもらった事がありますが、この備考欄を、空白にして提出してくる応募者は結構います。

だからこそ、この備考欄に何かしら書いていると、じっくり読んでしまいます。その時点で、他の履歴書より印象に残るという事です。

 

履歴書の備考欄に記入しているほとんどが、自分の希望などを書いているというパターンが多くいました。中途採用者の履歴書に結構な割合でいたと記憶しています。

 

新卒者になってくると、白紙の割合が非常に多くなってきます。

 

その備考欄に書く内容は、特に決まりはありません。

 

 

なので、自分の希望などを書いても問題はないのですが、先ほども言ったようにほとんど自分の希望を書いていると書きました。

ここで、嘘でも『御社を第一志望にしているため、内定をいただけましたら、他に頂いてる内定を辞退しますのでよろしくお願いいたします。』的な事を書かれていたら、チョット会って話をしてみたくなります。

ただし、あまりゴチャゴチャ書きすぎると逆にうざく感じてしまうので、帰ってNGなので、分かり易く簡潔に書いたほうが良いかもしれません。

 

 

履歴書の特性上、あまり差が付きにくい書類ほど、チェックする方からしてみれば、その違いが顕著に表れます。就職活動自体、みんなスーツで同じ格好をして、同じような書類を提出しているので、何かで差を付けなければ目立ちません。

 

備考欄と言えど、すべて埋まった履歴書と空白のある履歴書とではパッと見埋まっている方が印象が良いのも事実です。

 

他の欄に重複した内容を書かないように注意すれば、自由に使っても良い場所です。

当日の面接で言いたい熱意なども書いてもかまいませんし、入社してからの決意表明などでも良いでしょう。(ただし簡潔に…)

 

他の人と同じでは、なかなか目に留まることは難しいです。それは、人数が多ければ多いほどです。

 

履歴書に差をつけるには、まず備考欄を上手に使ってみましょう。