就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

手に職をつけるための仕事と資格

f:id:miumaga:20150803215534j:plain

良く手に職をつけるとは聞きますが、具体的にはどうい事を言うのでしょうか?

 

簡単に言うと、特定の資格を持つ人しか就けない仕事をするという事です。資格がなくても出来る仕事をしているという事は、手に職をつけるという事にはなりません。

その手に職をつけるために、何年もかけて資格取得のために勉強する人もいますし、下積みをして何年も修業をする人もいます。手に職をつけるという事は、とても大変な事なのです。

 

手に職をつけるという事は、専門的な技術やスキルを身につけるという事なのです。

 

それでは「手に職をつける」ためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

手に職をつけることが出来れば、転職等に有利に働くことは間違いありません。そのためには、どんな資格を取り、どんな仕事をすればよいのでしょうか?

仕事には、色々なものがあります。その中でも『特定の資格が無いと就けない仕事』と言うものが存在します。

そこが『手に職をつける』という事に結びつきます。

そういう仕事に就きたいのなら、時間をかけて資格を取得するか、長い下積みをする以外にありません。 しかし、一度手に職をつけてしまえば、その先の仕事探しには、さほど困らないという事もあります。

 

人と言うものは、一度でも手に職をつけたら、ほとんどの人はその仕事から離れることはありません。せっかく苦労して、手に職をつけたのですから、ずっとその仕事に関わろうと考えるものです。

だから、早い段階で手に職をつけてしまえば、あなたにとって強みになることでしょう。

 

 

自分はこの道で食べていくんだと決めるのは、なかなか出来る事ではありません。

それなりに時間もかかりますし、決めたら別の選択肢はできなくなります。

医者の資格を取ったら、ずっと医療に携わろうと考えるのが普通ですよね?

それが、手に職をつけるという事です。

 

 

実際にこの先仕事に困らない手に職をつける『資格』とは、いったいどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

この先長くいかせる資格を取得して手に職をつけましょう。

 

医療系の資格

医師・薬剤師・看護師・医療技術者・各療法士等

医療系の資格は、手に職をつける代表の資格です。一度でも医療業界で仕事をして経験を積んでしまえば、退職後の多少のブランクがあっても何らかの形で職に就くことが出来ます。つぶしが聞く資格としても広く認知されています。

 

福祉系の資格

保育士・介護福祉士社会福祉士

保育士は、少子化と言われていますが、保育士が不足しているというのも現実です。また、超高齢化社会のわが国では、今後介護系の就業者が不足しています。なので、介護系の資格を持っている人は、就職には困らない事でしょう。(給料は高いかは別問題です。)

 

理容師・美容師など

手に職をつけると聞くと真っ先に浮かぶ資格として、理容師・美容師の資格でしょう。

 

調理師免許・栄養士関係など

料理の道は資格だけではなく、資格を取った後もつらい下積みを経て一流を目指すことになります。

 

会計士・税理士・通関士など

上記の資格保持者は、多くの人がその道で生きていけますし、生きる事を選択する事でしょう。資格を取って、経験を積めば他の職業に比べて収入面で期待もできます。資格取得の道はとても厳しいものとなりますが、他の人にはできない手に職を得られることでしょう。

 

ガテン系の資格

電気工事士や配管技能士、また建設現場で使う特殊機械の免許などの資格は、男性に人気の仕事でしょう。現場に出て、専門性をとことん磨けるのも魅力の一つです。

 

 

また、持っているだけで転職などで年収が高くなる資格が存在します。

持っておくと有利な資格はコチラ

 

ファイナンシャルプランナー
社会保険労務士
中小企業診断士
宅地建物取引主任者
日商簿記 (2級以上)
公認会計士
・税理士
行政書士
・ビジネススキルアップ講座
・地方公務員上級・国家一般職(合格=採用という区分)

 

 

手に職をつけるという事は、口で言うほど簡単な事ではありません。自分の進むべき道を若いうちからいかに見極められるかが重要になります。気が付くのが遅ければ遅いほど、難しくなってきます。

遅くても25歳~27歳くらいまでには、自分の進むべき道を見極めておきたいものです。

30歳を過ぎてからチャレンジしても良いのですが、人一倍の努力が伴う事を覚悟をした方が良いでしょう。


手に職をつけたいなら、それなりの資格の取得を目指すのが一番の近道です。

時間はかかりかもしれませんが、その頑張りの先には、食べるのに困らない仕事に就けるかもしれません。

 

食いっぱぐれないのであれば、検討する余地は十分にあるかと思います。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com