就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

履歴書の趣味や特技の欄に記入する事について

f:id:miumaga:20150817132103j:plain

就職活動や転職活動の中で、必ずと言って良いほど履歴書を書くことになります。

 

その履歴書の基本的なフォーマットには、趣味や特技について書く欄が設けられていることが多いです。

採用担当者の目に留まるようなすごい趣味や特技を書くことが出来れば理想なのですが、多くの人はごく普通の趣味や特技しかない人や無趣味の人まである事でしょう。

 

履歴書の記入欄に書いてあるのですから、採用担当者も何らかの目的があってこのような事を書かせていると考えます。

 

今回は、履歴書の趣味や特技の欄を書かせる目的とはどういったモノがあるのか書いていきましょう。目的を知ることで、この趣味や特技の欄の書き方が様変わりする事でしょう。

スポンサードリンク

 

採用担当者が履歴書に趣味や特技を書かせる目的とは?

履歴書の趣味や特技の欄にそれらを書かせる理由として、これまでの実績や物事にどれだけ集中して取り組めるか?取り組んでいるのか?と言う点を見ています。

そのためには、だた趣味や特技を書き込むだけではなくて、『趣味が講じてこんなことが出来ます』『特技の○○でこんな実績がある』と言った書き方が大切です。

趣味や特技がこれから任せるであろう仕事にどう活きるか確認するためでもあるのです。

 

かと言って、あなたの趣味や特技が応募する企業の仕事に直接関係がないからダメだという事ではなく、その趣味や特技を通じて、人間的に○○のような成長をすることが出来た、集中力が養われた等で十分なアピールにつながると思います。

 

採用担当者側の『会話のきっかけ』にもなります

履歴書の趣味や特技の欄は、あまり重要視していない項目に見えますが、実際には応募者と会話をしていく中で本質を見抜く大切な項目とも言えます。

そう考えた時に、履歴書の趣味や特技の欄とは、『会話のきっかけ』になる重要な項目とも言えます。

採用側から考えると、会話が弾まないと、その人の本質を見抜くのは大変なのです。出来るだけたくさんの会話をしてその人の本質を見抜くのです。

 

以上のように、履歴書の趣味や特技の欄は、採用担当者の立場から考えると、その趣味や特技を通じて自分はどんなことが出来るのか?どのように成長できたかを見極めて、その書いてある事を会話のきっかけにして、その人の本質を見抜くという大切な項目なのです。

 

そう考えると、趣味や特技の欄を簡単に考えてはいけないことが分かります。

 

それでは、実際に履歴書の趣味や特技の書き方を少し書いてみましょう。

 

 

面接官が食いつきそうに書く

就活や転職活動で面接官とのやり取りは、相性やその時の雰囲気など色々な要素が関係してきます。その雰囲気を良くも悪くもするのがこの趣味や特技の欄なのです。

そこで、履歴書の趣味特技の欄をみて、思わず喰いつきたいと思わせるようにアピールするのが大切です。

 

それには、いくつかの趣味や特技を記載して反応が良いモノについて会話を進めていくのです。

面接官の立場からすると、仕事と共通点が低いものや、自分にとって全く関心のない分野には、ほとんど触れません。しかし、何かしら仕事に通ずるものや、その面接官の興味のある分野には喰いついてきます。

 

それを頭に入れておいて、いくつか書いた趣味や特技の喰いついた分野について話を広げられるように準備をしておいてください。

 

 

どれだけ真剣に打ち込んできたかアピール

履歴書を書く際に、アピールポイントにつなげるのに頭を悩ませるのが、趣味・特技になりますが、まず真っ先に悩むのが、『自分に特技と言うものがあるのか?』『これは、趣味・特技と言って良いものなのか?』と感じる人も多いと思います。

 

趣味を記入する際に、どれだけそれに打ち込んだかを書く事です。これまでの人生で、時間を忘れて打ち込んだものが一つや二つくらいある事でしょう。趣味に関しては、無理に実績や数字を入れる必要はありません。

しかし、特技となると、人と比べてこれが優れているという点があっての特技ですから、それをアピールに使う場合は、具体的な実績や数字を入れる必要があります。

 


それでは、履歴書の趣味や特技の書き方の例を見ていきましょう。

f:id:miumaga:20150817132909p:plain

趣味の履歴書への書き方例

趣味に関しては、あくまでも自分が好きな分野で書くと良いです。 

どれだけ自分の好きな事に打ち込んでいるかという面を、面接官は見ています。得意でなくても良いので愛着を持っている事柄を趣味として書きましょう。

 

「登山」
自然と触れ合う時間を設ける事が好きで、時間を見つけては全国の山を巡っています。

 

「読書」
通勤時間や寝る前の時間を利用して読書をしています。最近では「○○」の作品に感銘を受けました。読書と書くと必ず最近読んだ本は?と聞かれますので、具体的に読んだ作品をここで書くと良いでしょう。

 

「水泳」
休みの日や仕事後には、スポーツジムで水泳をしています。健康維持も自身のモットーとしています。

 

「動画編集」
写真や動画を編集してショートムービーやアルバムを作成するのが趣味です。文化祭などのイベントでも撮影・編集係を担当しました。

 

「陶芸」
10年間続けています。親戚や友人によく陶芸で作成した食器などをプレゼントして喜ばれています。陶芸によって集中力が養われた的な事を書ければもっと良いですね。

 

「旅行」
知らない場所で新しい発見をするのが楽しいです。電車やバスで隣り合わせになった方とお話をするのが醍醐味です。知らない人と気軽に話が出来る事をアピールする事で、コミュニケーションが高いと思われます。

 

 

特技の履歴書への書き方例

特技では、自分の得意とするジャンルを書いてアピールしましょう。仕事に何らかの形で通じるものであればベストです。これまで本格的に打ち込んだ事を選ぶと良いでしょう。

 

「語学系」
海外への留学経験があり、ビジネス会話、文書にも対応できます。英検などの資格がある場合にはこれらもアピールポイントに…

 

「料理」
料理の腕には自信があり、本格的な料理教室に通った経験もあります。常に満足度の高い物を作れるように日々模索中です。

 

「スポーツ」

この項目は、結構書ける人はいるかもしれませんね。学生時代は名門高○○部に所属しており、現在でも週末には汗を流すようにしていますや、○○で全国で●●位になったなど、具体的なものがあれば良いかもしれません。。

 

「記憶力」
人の名前と顔を覚えるのが特技です。サークルの新入生20名の顔と名前もすぐ覚え、自分から進んで声をかけて緊張をほぐしてあげていました。

 

「似顔絵」
イラストを描くのが得意で、初対面の方でも10分あれば似顔絵を完成させることができます。

 

 

以上が趣味・特技の書き方の例です、あくまでも例なのでそれに全く当てはまることは、ほとんどないので、書き方の参考程度に見て下さい。

 

もし趣味や特技がない場合でも趣味・特技の欄に「特になし」と書く事は、避けましょう。せっかくのアピールの場所が減ることに繋がります。

 

ウソでもいいから、何かを書いたほうが良いと私は思います。しかし、書いたことは必ず突っ込まれることにはなるので、それに対して回答できるように事前に準備はしなくません。

 

もし、趣味・特技がないと思っていても他人から見ればアピールポイントになる事もあるので少し自分を振り返ってみましょう。

 

例えば「工夫を凝らして素早くきれいに掃除ができる」といった内容でも十分に趣味や特技として自己PRできますし、アピールポイントとして申し分ありません。



履歴書の趣味・特技の自己PR欄はアピールポイントであるだけでなく、会話のきっかけとしても大事ですから、趣味や特技がないと思っても、このように探しだせば、かならずみつかることでしょう。

必ず探しだして記入するのを強くおすすめします。

 

それでも、見つからない時は…

 

先程も書きましたが、嘘でもいいから書いてしまいましょう。

 

 

趣味や特技の欄は、なんとなく書いてしまいがちですが、就活や転職面接のときの話のネタにもなりますし、自己PRのアピールポイントにもなります。


もし、履歴書に書ける趣味や特技がないと思っても、これらの趣味や特技の書き方を参考にしてみて下さい。