読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

転職活動での採用をもらった後の下準備

入社前にしておきたいこと

f:id:miumaga:20151021215657p:plain

厳しい転職活動を乗り越えて晴れて採用を勝ち取ったあなたですが、

 

『入社する前に時間があるからしばらくは、のんびり休んでもバチは当たらないだろうと…』と考えるのは私だけではないはずです。

 

そんな人は、転職を失敗してしまいます。

 

転職が成功するか否かは、実際に入社するまでにどれだけの覚悟を決めて準備をしたかで、勝負は決まっているといいます。

 

転職活動をして晴れて転職先が決まったあなたは、まず住む場所を見直したほうが良いでしょう。その際に、運よく転職先の企業が用意してくれた住宅が職場の近くにあり、そこに住むことになれば良いのですが、そんなのは滅多にないことでしょう。

 

転職を成功させる人は、まず職場に接近している住居を自発的にかつ自腹で選びます。仕事が出来る人は総じて住居と職場が近い傾向にあります。超一流のホテルの総支配人は、ホテルに住んでいるとも聞きます。

 

存分に働いた後は、他の同僚が30分~1時間かけて帰るところを、5分後にはシャワーを浴びてそのまま寝ることが出来ます。中には、通勤に1時間くらいかけた方が気持ちの切り替えが出来て良いと言う人もいますが、気持ちの切り替えをしなければならない仕事をしている事自体が無駄だという考え方なのです。

 

もし、職場の近くの家賃が高いのなら車を手放せばよいのです。

最近では、車の買取業者 がたくさんあるので一度査定に出してみてはどうだろうか?

自家用車の所有を辞めるだけで、年間100万円の出費が減ってその分が自由に使えるというわけです。車が必要な時は、タクシーやレンタカーを使えばいいのです。

 

苦労して勝ち取った転職での採用を成功させるために、最初から仕事に全エネルギーを注げるように準備をしておくのです。

 

スポンサードリンク

 

また、辞めた会社から退職金があって少し余裕があるのなら、住居以外にもスーツやワイシャツを新調したり、新しい靴を買いピカピカに磨き込んでおくと良いでしょう。

財布などの小物類をココマイスター の様な最高級の革にこだわった物に変えてみるの良いかもしれません。 

 

ここで何を言いたいかと言うと、前の会社の延長で転職先を考えるのではなく、生まれ変わった自分で勝負するために、外見から意識改革をしておくと良いという事です。

 

前の会社を引っ張らないように、仕事がスタートする前に前職のお世話になった人たちの挨拶状を簡単なものでよいので、サクッと出しておきましょう。

キチンとしたものは、年賀状に代えるか、入社して3か月以上経ち自分が落ち着いたら、2通目としてコツコツと書いていけばいいのです。

 

 

無時、転職先がきまりホッと一息したい気持ちは分かりますが、入社前の下準備をしっかりやるかならないかで、のちのちの楽しい人生を送れるか否かが決まることでしょう。

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com