就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

自分を名乗る時はフルネームで名乗るクセをつけよう!!

f:id:miumaga:20151024115731p:plain

出来る人は記憶力が良いと言われています。

 

記憶力が良いと、相手に圧倒的に印象付けることが出来るからです。

 

ビジネスの場において、記憶力が試されることとして、相手の名前をいかに早く覚えるかにかかってます。

 

人の名前を早く覚えるコツとして、苗字でだけではなくその人のフルネームで覚えることです。知っている人は知っているのですが、フルネームで覚えた方がすんなり頭に入るので試して見て下さい。

そのことを踏まえれば、相手に早く覚えて欲しいと思ったら、いつもフルネームで名乗るクセを付けておくと、人に覚えられやすいのです。

 

『先日入社した田中です』よりも

 

『先日入社した田中 太郎です』

 

と伝えた方が、相手に覚えてもらえるというわけです。

 

このことを知ってか知らずか、大物と呼ばれる人や有名人と呼ばれる人達が自己紹介をする時は必ずフルネームで言っているので、チェックして見て下さい。

 

名刺交換の際や自己紹介の場でも、名字だけではなくフルネームを伝えるクセを転職前からつけておくことにより、『こいつやるな』と思わせることもできます。

 

やはり、フルネームを口にするには付け焼刃ではなかなかでないものです。普段から名字で名乗っている事に慣れている人には、フルネームで名乗ることに違和感があるはずなので訓練が必要なのです。

 

スポンサードリンク

 

また、あなたが入社初日から社内のメンバーを把握できるように、入社前に顔写真付きリストをダメ元で頼んでみてはどうでしょうか?

しかし、ほとんどの会社ではそんなもの用意はしていないし、できない場合が多いですが入社に対するあなたの熱意は伝わりますので、悪い事ではありません。人間そういう人には、できるだけサポートしてあげたいと思うのが人情と言うものです。

 

転職した際のオドオドの原因は、何もかもが白紙状態で、周囲の人たちを全く知らない事が大きな原因でもあるのです。入社前に、もしメンバーの顔と名前がすべて一致しているれば、あなたの初出勤の大きな武器となることでしょう。

 

その上で、フルネームで名乗るクセを付けていれば、スタートからのコミュニケーションが断然よくなり、仕事がしやすくなることでしょう。

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com