読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

素早い決断には、その軸をしっかり持つ事が大切です

f:id:miumaga:20151026125215p:plain

 

私たちの人生は、毎日が様々な決断の連続で成り立っています。

 

決断と聞くと、経営者でもないのに決断とは大げさに感じると思いますが、コピー用紙のサイズ、会議の席順、出勤する道順等、全てにおいての大小違えど、決断の連続で人生や仕事が構成されているといえるでしょう。

 

会社に所属していると、人によってこなすことのできる仕事の量は違うと嫌でも感じることが出来ます。

 

なぜ、こんなにも人によって差が生じるのでしょうか?

 

それは人により、『決断の軸』をしっかり持っているかによります。

 

仕事ができる人と、できない人ではこの決断の軸が違います。

 

決断の軸をしっかり持っている人は、人生でも仕事でもスピーディーにできるため、多くの選択肢を選べ、多くの経験をして楽しむことが出来ます。

全てにおいて、スピーディーに行くにはこの決断の軸をシンプルにしなければいけません。

 

例えば、

 

『今までの自分なら選ばなかった方を選ぶ』

『周りの人が反対しそうなことをあえて選ぶ』

 

など、とてもシンプルに決断するための軸を持っているだけで、決断のスピードは飛躍的にアップします。このような決断の軸をしっかり持っている人と、そうでない人と比べて、こなせる仕事量は10倍以上の差がつくとも言われてます。

スポンサードリンク

 

決断という事で考えると世の中には、

 

一つの決断すらできない人

毎日100以上の決断を楽々やってのける人

 

の2通りの人しかいません。

 

前者の人は、決断すべき事が毎日増えていき、ますます決断に時間がかかるようになり、結果永遠に決断が出来なくなります。一方で後者は、多くの決断をすることによって、多くの事を経験が出来てますます決断のスピードが上がります。

 

傾向として、決断できない人は、できない人同士お互いに足を引っ張り合う傾向にあり、決断をできる人は、できる人同士ともに花を咲かせる傾向が強いと言われています。

 

 

最後に、決断の似た言葉で『判断』と言う言葉がありますが、『判断』も『決断』も『決める事』には違いないですが、判断とはその裏付けとなるデータが必要になります。そのデータが揃ったら、これらのデータを整理、分析をした上で『判断』することが出来ます。

要するに、現状の分析に基づいて頭の整理をしていくことが『判断』です。

 

一方で『決断』は、いくつかの選択肢の中から一つを決める事です。また、一つの事やその課題について良いか悪いか決めます。その対象となるは、『これからに向けて進むべき道』です(それは未来に向けられています)。そして、それを決めたらそれ以外の道を断ち、その道を進まなければいけません。決断には必ず行動が伴うのです。

 

 

就職・転職どちらの場合でも仕事をする際に、あなたの決断が必要になる場面は必ずあります。だれでも生きていくなら、仕事が出来てハッピーな人生を送りたいに決まってます。自分なりに決断の軸を決めて、色々な経験をして結果的に人生をハッピーに過ごせること願います。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com