就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

目に入った人には、自分から挨拶を…

f:id:miumaga:20151105214029p:plain

挨拶をしましょう!!

 

挨拶の大切さは、わたし達だけでなく、小学生や幼稚園児でも分かっていることです。

人とのコミュニケーションの初めは、挨拶から始まります。だから、挨拶は絶対にしなければいけません。

 

ところが、実際に挨拶しようとしても、タイミングを逃してしまい、その日は全然挨拶せずじまいと言う経験は、私だけではないはずです。

 

挨拶の大切さは、分かっているけども、大半の人たちが実行するのに躊躇してしまうのではないのだろうか?

 

そんな、大切だとは分かっているが中々実行できない挨拶ですが、何か実行できる良い手はないものか?

 

今日は、そんな記事を書いていきます。

 

挨拶を実行できるよう方法…それは…

スポンサードリンク

 

目に入った人には、自分から挨拶をする事

 

これを実践して下さい。

 

たとえ、相手がこちら側を向いてなかったり、目が合ってなかったとしてもその人の名前を呼んで、こちらを振り向かせて挨拶をしてしまうのです。

入社直後などは、名前も分からない人もいると思いますが、それでも先に自分から名前を名乗り、相手の名前を聞けば済む話です。

 

ここで覚えておいてほしいのは、お互いが気が付いてから挨拶をするという事ではないという事です。そんな事をしているから、挨拶がいつまでたっても出来ないのです。

まずは、声をかけ自分の存在に気付いてもらい、その後目を合わせて挨拶するのが基本なのです。

 

挨拶は、年齢・性別・立場に関係なく、自分からするものです

 

会社内や営業先などでであった人すべてに、自分から挨拶するのが当たり前になってください。

入社直後の最初のうちは、名前も顔を覚えていないので、二度目挨拶をしてしまう事もあるでしょうが、そんなことは気にしなくて良いので自分から挨拶をします。

 

むしろいけないのが、重複して挨拶をしたり、名前を間違えたりするのを恐れて、結局挨拶できないのが一番いけません。

 

この自分からの挨拶は、名刺交換の時にも言えることです。

以前名刺交換していた相手であっても、名刺は一人3回渡しているくらい言って、名刺交換をしてしまうくらいが丁度よいです。

相手から先に名刺を渡されたり挨拶されたら、あなたの負けくらいに思っておくと良いでしょう。

 

また、新しく入社した会社の掃除のおばちゃん【おじちゃんかもしれません…】や守衛の人にも、きちんと挨拶をして自分の名前を憶えてもらうくらいしましょう。

 

そしたら、きっとあなたに良いことが起こるかもしれません。

 

それくらい、挨拶と言うのは大切なのです。

 

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com