読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

周囲に本音をあまり語らない方が良い

新社会人 転職後の心構え

f:id:miumaga:20151123084921p:plain

職場に慣れてくると、話しやすいメンバーの一人や二人出て来ることでしょう。

しかし、正直なところその親しくなったメンバーと、その後もずっと親しい関係であり続けることはまずありません。

 

あなたは、これからこのチームの中で抜きん出ながら、組織を背負って行くポジションにつくために、あなたはいつまでも仲良しクラブで安堵しているわけにはいけません。

もちろん、それはあなただけではなく相手にとっても同じことが言えます。

 

だからこそ、うっかり弱音を吐いたり、愚痴を漏らしてしまったりしない事です。

 

スポンサードリンク

 

入社直後は、仕事に不慣れで不安も大きい中で、特定の人に弱音や愚痴を延々と聞き続けてもらうのは、その時は悪い気がしないかもしれません。しかし、この時期の孤独感をこらえて、要らぬ本音を漏らさないことが大切です。

 

たいていはこの時期に周囲に本音をペラペラ話したことによって、それを聞くのが大好きな人たちが強い仲間意識を持つ事になります。その結果、あなたが将来実力を認められてその輪から離れることになった時に、その人たちに足を引っ張られる結果になるのです。

 

あれだけ色々相談に乗ってくれて、愚痴を聞いてくれた良い人たちがここに来て、悪魔に豹変する瞬間なのです。そして、あなたが実力をつけて引張り上げられるのをあの手この手で、邪魔をしはじめるのです。

 

大体、まだ入社3か月程度で心から本音を話し合えるような関係を構築するのが常識的にも無理があるのです。それを肝に銘じておきましょう。

 

仕事が出来、人間性も高く組織においてせっかくいいところに行きながら、後々思わぬところで足を引っ張られて失脚する人はこの傾向が強いのです。

 

それは、何らかのタイミングでふとした心のゆるみから本音を話してしまった事にあります。口は禍の元とはよくいったモノです。

 

組織的には、ドンドン公式の場で会社のためになることの本音は伝えていくべきなのですが、誤解も含めて後ろ向きとも解釈されるような愚痴は言ってはいけません。

 

 

  • 公式の場で組織のため直球で本音を伝えることを、『文句』と言います。
  • 陰で組織にとって後ろ向きの話をすることを『愚痴』と言います。

 

文句と愚痴の違いをきちんと理解して使い分けていきましょう。

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com