就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

携帯電話【スマホ】を公然といじる場合の配慮

f:id:miumaga:20151126130924p:plain

最近のスマホの普及で社内で携帯電話をいじっているのを黙認する傾向が強くなっています。その理由として、顧客にも担当者のメールアドレスを教えてあり、素早い対応のために連絡を取り合えるという事で、やむを得ないと言えるでしょう。

 

しかし、いくら仕事とはいえ、ところかまわず長時間にわたって携帯電話をいじくっているというのは、はたから見ても良い印象は受けません。

スポンサードリンク

 

いくら顧客へのメールとは言え、長時間打ち込まなければならない文章だったなら、パソコンの方が絶対に早いと思いますし、周りから見ても見苦しくはありません。

プライベートであれば、どこでどのようにいじっていても問題はないのですが、仕事中は時と場所を選んでいじってもらいたいと感じます。

 

今では、通勤電車やバス停などでスマホをにらめっこしている光景は、珍しくありませんが、一歩引いてその光景を見ていると、異様に感じるのは私だけでしょうか?

 

文庫本だとそうは思えないのですが、スマホだとそう見えるのは気のせいだろうか?

 

これは、個人の感想ですし、自分もスマホを見ているのでその行為がいけないとは思っていません。ただ、なんか引っかかるなと感じるのです。

 

 

ただ、一つ言えることはこうしてスマホとにらめっこしているという事は、その時は周囲への気配りが全くないということは間違いはありません。

 

その間に、失礼な事をしている可能性もあります。

 

知っている人が電車やバス内で乗り合わせても挨拶もしなかったり、という事もあり得るのです。これが同僚や友人なら笑い話で済むかもしれませんが、これが大事な取引先の人だったら問題になるかもしれません。

 

前の会社の話をしないという記事を書いた時にも言いましたが、無意識の罪が一番重く厄介なのを覚えていた方がよいでしょう。無意識のうちに他人を不快にしていれば、自分としては反省のしようがないわけだから余計にたちが悪いものです。

 

まして、長年の癖で身についたものはなかなか修正は難しいものです。

 

 

転職や就職で環境が変わったのを機に、携帯電話やスマホを入社後3か月間、公の場では触らないように意識して仕事してみましょう。緊急の場合は、歩きスマホはせずに道の端などよって、連絡を取りましょう。

 

出来るビジネスマンや成功者は人前では携帯電話存在を自由に意識から消すことが出来るのを覚えておいてほしい。

 

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com