就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

転職をするからと言って、資格があれば良いとは限らない

f:id:miumaga:20151202115616p:plain

転職に限らず、履歴書の資格欄が埋まっていれば、資格が大きなセールスポイントになるように思いますが以外にもそうでもないようなのです。

 

資格によっては、履歴書に書くこと自体マイナスに働く事もあります。

 

その例をとして、外資系の企業を応募した場合、資格欄に英検2級と履歴書に書いて応募した場合、間違いなくマイナスになることでしょう。

スポンサードリンク

 

外資系企業に入社するにあたって、『英検2級』では英語力としては物足りなく、わざわざアピールするかのように書いてあると、『この人は、英検2級がセールスポイントになると思っているのか?認識不足だな…』と、切られてしまいます。

 

履歴書などの応募書類は、読む側がどう感じるかという事を考えて書かなければいけません。

 

 

別の例を上げると、募集している職種に関係ない資格などたくさん並べて、『資格マニア』と思われるケースも多々あります。

この人の人物像を想像すると、勉強家ではあるが、生真面目で社交性がイマイチと言うタイプを思い浮かべてしまいます。また、仕事に不満を持ちやすく、それを仕事の努力で解決するのでなく、資格取得に逃避するタイプとも取れます。

 

どちらにしろ、採用する立場の人間からしては、好ましいとは言い難いでしょう。

 

もちろん、資格がプラスに働く場合もありますので、資格が無くても良いと言う事にはなりません。資格は、応募者が思うほどアピールの材料にはならないという事という事を頭に入れて、資格欄に書かれた資格から思い浮かぶ人物像が重要なのです。

 

基本的には、募集している仕事や募集先の業種に関係のある資格以外は書かないという事は覚えておきましょう。

 

 

 

アピールできる資格と出来ない資格

履歴書に書いてあって採用側のアピールが大きい資格としては、『弁護士』『医師』『会計士』などのその資格だけで食べていくことが出来る資格でしょう。

金融関係で言えば、証券アナリスト』『ファイナンシャルプランナーなどがあり、業務上関係するのでアピールするには良いと思いますが、選考過程を見ていると合否との関係性があまり感じられません。

それを考えると、資格だけで転職や就職には大きく変わることがない事が多いのです。

 

 

資格よりも実務経験を…

転職などで意味のある【実力】とは、実際の仕事の経験によって証明された仕事をする能力の事で、募集職種と同じ仕事についてアピールできる経験がある事であって、資格や学歴ではありません。

特に、未経験業種に転職の場合、募集職種と同じ仕事経験や実績でアピールする事が出来ないので、まずは資格をと考える人が多い傾向にあります。しかし、これまでの経験の中で通じるところのあるスキルなり資格なりを訴える方が掘るかに有効なのを覚えておいてほしいと思います。

 

 

 

 

最後に…

 

もちろん資格のために日々勉強をするのは、決して悪い事ではありません。しかし、資格取得には時間と費用が掛かるものです。転職を目的とするのであれば、『資格を取るとアピールになる』と言う考えにとらわれ過ぎない事が大切であると考えます。

 

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com