読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

仕事でのコミュニケーションを円滑にする【相槌=うなずき】を上手く使う

スキルアップ

f:id:miumaga:20151206095419p:plain

人生を豊かなものにするには、様々な人と関わり合いを持つ事です。

 

そうなるためには、より多くの人と良い人間関係を築かなければいけません。その一つとして、人とのコミュニケーションを円滑にするコツとして、普段あまり意識しない、『相槌=頷き』が効果あるようです。

 

スポンサードリンク

 

頷きは相手への肯定の意思表示

頷きは、話をしている側から見てハッキリ見えて、話を聞いていると言う肯定の意思表示になります。それを見た人は、相手に受け入れられていると感じて、それに答えようと更に自己開示をするようになるのです。

 

ある実験結果でも、面接時の面接官のうなずきがある無しで比べた時に、うなずきをしてくれた面接官では、応募者の発言数が85%増加したと言う結果があります。発言量で見ても、50%の増加がみられたそうです。一方で、意図的にうなずきをしなかった時においては、発言数と発言量がともに減少したそうです。

 

通常の面接を行うと、応募者にこのような変化が見られなかったことから、

 

『相手がうなずく事によって人は発言量が増える』

 

という事が 証明されたことになります。

 

話している方の立場からすると、相手が黙って聞いていると、『本当に自分の話を聞いてくれているのだろうか?』と不安になります。そこで、うなずくと言うアクションで、話を聞いてますというサインとなり、話し手が安心して話が出来るようになるという訳なのです。

 

 

うなずきのタイミング

うなずきをしてくださいと一口に言っても、やみくもにうなずけば良いと言うものではありません。無意識にやっている人も多いかもしれませんが、『早くて浅いうなずき』を繰り返すのは、話を受け流しているような印象を与えてしまうので、注意が必要です。

 

また、ある信頼を築く話術では、うなずきのタイミングで相手の話す内容が変わるとも言われています。

 

【事実】に相槌をうてば、相手は事実を話します。

【感情】に相槌を打てば、相手は感情を話します。

 

このように、うなずきのタイミングによって相手が話してくれる内容も変わってくるそうなのです。

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

 

 

最後に...

 

話が弾めば弾むほど、事前とその人との距離が縮まりまって、より深い話が出来るようになります。相槌=頷きのコツを掴んでおけば、あなたの人脈が広がることでしょう。

あなたもコミュニケーションを取る時に、相槌=うなずきを意識して実践してみてはいかがでしょうか?