読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

頼れる先輩社員が身につけている、3つの心がけている事

これからのサラリーマン像 スキルアップ

f:id:miumaga:20151206173825p:plain

新入社員を迎えるにあたり、彼らを指導する役割を担う人も多い事でしょう。

せっかく指導するなら、新入社員に頼られたり、相談されやすい先輩と思われたいものです。

 

そうなるために、大切な事は… 

 

スポンサードリンク

 

 

心がけること

 

もしあなたが後輩に頼られ、相談しやすい先輩になりたいと思ったその時から、あなたはその素質を持ってると言えるでしょう。人というのは、同じものを見ても感じ方は様々なのです。

 

例えば、仕事を手伝っている人を見て、『私もそうなりたい』と思う人もいいれば、『どうでも良いと』感じる人もいます。

私もそうなりたいと思ったことが、その価値観を大切にしている証拠なのです。あとは、それを行動に移すだけです。

 

 

頼られる先輩社員が実践している事とは?

実際に頼られている先輩社員とは、一体普段からどのような事をしているのでしょうか?実は、そんな人にはいくつかの特徴があるようです。

 

観察から始まる目配り

目配りとは、周囲の人の行動を観察する事で、私たちはたしばしば自分のことしか目に入っておらず、人のことなど気に掛けられないことが多いです。そんなことでは、新入社員が困っていても気が付く事が出来ません。

 

気が付かないので、困っている彼らに声をかけることも出来ず、相談に乗ることもできません。まずは、そういう人がいないか周りを良く見渡してみましょう。今まで見えていなかったものが見えてくるかもしれません。

 

 

相手が自分に期待していることをする気配り

気配りは、リアルに相手の行動を先読みして、期待されている役割を果たす事で、例えば、誰かが落ち込んだりしたら積極的に声をかけて話を聞くのです。部下が困っていたら、解決のヒントを与えて、そのヒントに気付かせる事です。

 

とはいうものの、おせっかいと感じるかもしれませんが、自分が新入社員の頃を思い出すと、先輩社員にそのような気配りをされた時は、素直に嬉しかった思い出があります。困っている社員を見つけたら思い切って声をかけてみましょう。

 

 

相手を思いやる心配り

心配りは、相手のために優しさを持って行動する事です。例えば、仕事に追われてランチもまともに取れない同僚に差し入れをしたり、部下が目標を達成したらお祝いの食事をおごってあげるのも良いでしょう。

 

 

 

最後に…

先輩社員が『目配り・気配り・心配り』をしていると、新入社員はスムーズに仕事を覚えられることでしょう。それにより、ストレスを感じる事も少なくなると思います。

その結果、意欲的に仕事をしてくれるようになり、職場の活性化に一役かう事になると思います。

中途採用、新社会人の新入社員を受け入れる立場の先輩社員の方々にも、ぜひとも3つの配りを実践してもらいたいものです。

 

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com