読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

違いが分かりますか?『了解しました、了承しました、承知しました、かしこまりました』

f:id:miumaga:20151206212539p:plain

ビジネスの場で『分かりました』の事を、『了解しました』『承知しました』『了承しました』『かしこまりました』などがあります。

何気に使っているそれぞれの言葉ですが、どのような場面でどの言葉を使ったらよいか皆さんは分かりますか?

 

今回は、それらの言葉のビジネスシーンでの使い分けを書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 それぞれの言葉の使い方

【了解しました】

了解しましたは、同僚もしくは目下に対して使用する言葉です。言葉を分解すると、『了解』と『しました』をつけた丁寧語になりますが、尊敬語ではないため、お客様や目上に対して使うのは失礼にあたります。

 

【承知しました】

承知しましたは、尊敬語になりますので、お客様や目上の人に対して使います。営業や販売の仕事のように、お客様仕事の人はとても使用頻度が多いため、覚えておきましょう。

 

【了承しました】

了承しましたは、何かを承諾した時に使用します。『それでいいですよ』という意味になりますので、目上の人が目下の人に使うのが正しい使い方となります。なので、お客様や目上の人に使ってはいけません。もし同じ意味の言葉を使用する場合は、お客様には『承りました』、目上の人には『承知しました』と使うのが正解でしょう。

 

【かしこまりました】

かしこまりましたは、「承知しました」と同様で、お客様や目上の人に使えます。

覚えておいてほしいのは、 「かしこまりました」と「承知しました(承りました)」

 

上記のように、「かしこまりました」「承知しました(承りました)」は、目上の人やお客様に対して使える言葉で、この2つはビジネスシーンにおいても非常によく使われますので覚えておきましょう。

 

※うけたまわりました

 

「かしこまりました」「承知しました(承りました)」例文

 

× 打ち合わせの件、了解しました。

○ 打ち合わせの件、承知しました。

 

×(上司に対して)○○様(お客様)への連絡の件、了解しました

○(上司に対して)○○様(お客様)への連絡の件、かしこまりました

 

×(お客様に対して)ご依頼いただきました○○の件、了承いたしました。

○(お客様に対して)ご依頼いただきました○○の件、承りました。

 

 

「かしこまりました」「承知しました」の違い

「かしこまりました」「承知しました」の2つの意味と使い方は分かったけど、その2つの違いは?というのは以下のような違いがあります。


「かしこまりました」は、「理解して受ける」という意味があります。


「承知しました」は「目上の人の命令などをうけたまわる」という意味があります。


上記のニュアンスの違いを覚えておくと、普段からより敬語を使い分けやすくなると思います。

 

 

 

最後に…

ビジネスシーンでの【わかりました】を伝える言葉は、【了解しました】や【分かりました】ではありません。この場合は、【かしこまりました】や【承知しました】を使うのが一般的です。

学生の時では、【了解しました】で通用したかもしれませんが、これは学生語です。社会人になったら【了解】では通用しませんので、気をつけましょう。

 

わかりましたを敬語変換すると「かしこまりました」「承知しました」を覚えておきましょう。

 
社会人になると、初めに身につけなければならないのが言葉遣いです。しかし、日本語の敬語は難しいものです。ビジネス場面での正しい使い方をしっかりと身につけるためにも、普段からしっかりと勉強と意識して使っていくことが大切です。

※2017年4月3日 更新

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com