就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

あなたは、お金がないと口癖のように言ってませんか?

f:id:miumaga:20151214221151j:plain

あなたの周りに口癖のように、『お金がない!』と言っている人を見かけませんか?

そう言っている、自分でさえたまに『お金がない』『お金が足りない』と言ってしまう事があります。

 

しかし、今日からこの言葉を言わないようにしましょう!!

実はこの言葉、金運を遠ざける言葉なのを知っていましたか!?

 

お金を貯めるためにまずはメンタルから変えてみましょう!!

 

 

スポンサードリンク

 

ついつい口にしてしまう『お金がない』、口癖と言うほどではないけどほとんどの人が一度は口にした事がある事でしょう。

それこそ、知らず知らずのうちに『お金がない』と言ってしまってることでしょう。

 

そうなると、お金がないという事で頭がいっぱいになってしまい、その結果心の余裕がなくなるのです。それにより、行動も制限されてしまい、ストレスがたまってしまうのです。

 

2001年に起きた武富士放火事件の犯行の原因は、まさしくお金の悩みで、お金で悩み過ぎるとこのような事件を引き起こしてしまうほど、追いつめられるのです。

それこそ、人生が狂ってしまうのです。

 

 

日々の生活の中で、友人や恋人などからの誘いを『お金がない』のが原因で断らなくてはいけない時にも、お金がないと言ってはいけません。

 

この発言は、自らお金を手放していると思ってください。

 

 

大抵の人は、働いているのでお金がない状態と言うのは、かなかなあり得ない事です。お金が足りないのは、どこかで無駄遣いをしているか、お金が足りなくなるのです。

お金がないと嘆くより、まずは生活やお金の使い方の見直しをした方が良いでしょう。

 

 

ないと言っているうちは、ずっとないままです。

 

心あたりがあると言う人は、今日から意識してみましょう。

 

 

お金がないことを誰かのせいにしていなませんか?

 
お金がないと言っているうちは、お金が入りません。

 

 自らお金がない現実を引き寄せてしまっているです。

 

自分のせいでお金がないのに、反省もしないような人はお金を貯める事も上手く使う事も出来るわけがありません。

 

その理由として、

 

脳の潜在意識が「お金がない」と言う思考になり「自分はお金がない人間」と言う判断をしてしまうのです。そして、自分で発した言葉と言うのは、無意識のうちに脳に刷り込まれます。その結果、脳が『おかねがない』と思い込んでしまうのです。

 

一度そういう思考になってしまうと、生活が出来るお金があるにもかかわらず、お金がなくて苦しいと思ってしまうのです。

 

よく、年収400万以下では結婚も子供も育てられないと良く聞くのですが、地方都市ならば、それなりに暮らせますし、子供も育てられます。実際、わたしはそれで子育てをしています。それこそ、お金がないと言う思考で生活が苦しい、結婚なんてとんでもないと言う思考になっているのではないのかと思っています。

 

たかが口癖、されど口癖、人の脳は耳から入ってきた言葉に敏感に反応します。

 

お金が貯まる人と貯まらない人とでは、脳内の状態が違います。

 

 

お金がなくても「私にはお金がある!」とポジティブに!!

実際にお金が無くても、身近な所から『金持ち脳』になっていきましょう。もし、お金を使い過ぎでも『お金がない』と言わないで『また稼げばよいさ』『来月になればお金が入って来る』などの、ポジティブな思考をするのです。

 

お金のことに限らず、クヨクヨと落ち込んだ気持ちをリセットして、常に前向きに考えられることが大切です。

 

本当にお金がない時や大きな出費があった時は、決してネガティブな感情をリセットして、たとえ少なくてもお金が増える事に感謝をして、大きな出費でもお金を使える事への喜びに変えるようにしましょう。 

 

 

 

「お金」に感謝する心を持ちましょう

お金は、支払う時は、気持ち良くでも大切に…

お金はお金を好きでいてくれる人のところへ集まってくると言われています。

 

当たり前のように財布からお金を出していると、ついついぞんざいになりがちに…

お金を大切に思えば、1円であっても無駄にはできません。財布からお金を出す時もしまう時も、お金の大切さを意識するようにしましょう。

 

お金に対して「また戻ってきてね!」と気持ちを込めながら支払う

 

ためしに、支払をする時「支払えます、ありがとう」と心で言ってください。いつでも、どこでもです。感謝をすれば、不思議とお金が戻ってきてくれます。

 

 

お金がすぐになくなる人は、使い方を見直してみましょう

お金の使うと一口に言っても、その場の消費と、先に繋がるお金の使い方があります。

 

つい、衝動買いしてしまって…なんて事はありませんか? 

 

買いたいと思った時、それは本当に必要なのか?ただ欲しいだけではないのかよく考えるようにしましょう。

 

 

お金を入れる財布も見直しましょう

お金に好かれている人と言うのは、綺麗な財布を使い、お札は種類によって分け、小銭入れは別で、カード類は入れ過ぎないようにしていると聞きます。


あなたのお財布はどうですか?

 

財布も二つ折りの財布でなく、長財布を使っている人が多い傾向にあります。その理由は、お金に窮屈な思いをさせない意味があるそうです。

 

これは、私も実践していますがお札の向きは揃えて、下向きに入れるとお金が貯まると言われています。頭を上にすると、出ていってしまうそうですよ。

お札の向きを変えれば良いと言うのではなくて、常に1円単位でもお金を意識する事が大切なのかと思います。

 

 

財布は、お金の居場所です。そんあ居場所をお金にとって居心地がいいように財布を大切にしましょう。