就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

お金に愛されるために、どんな時でも『ありがとう』を…

f:id:miumaga:20151218124638j:plain

お金に愛されるために大切な事、それは…どんな時でも『ありがとう』。

これを意識するだけで、人生が変わると言います。

 

お金絡みは、

  • 得をする
  • プラスマイナスゼロ
  • 損をする

のどれかの結果が伴います。

 

皆さん、だれでも得をしたときは『ありがとう』と言います。

 

 

スポンサードリンク

 

あなたは、友達に『○○が儲かるらしいよ~』と聞いた時、それを実践して儲かります。

そしたら、大抵の人は、『いい話をありがとう~』という事でしょう。

そんな時でも、『ありがとう』と言わない人は、ここでページを閉じた方が良いかもしれません。

 

どんな時でもありがとうと…

 

残り二つは、プラスマイナスゼロと損をした場合です。

 

まずは、プラマイゼロになった時、ほとんどの人は

『儲かると言ったのに、儲からなかった』などと、言ってしまうことでしょう。

この時点で、感謝を言わず、文句を言っています。

 

ここで、『ありがとう』と言える人が、お金に好かれる人です。

そんな時でも『ありがとう』というのです。

 

それが言えるだけで、お金の苦労がなくなって来ます。

 

 

しかし、人間と言うのは欲深いもので、もっとお金に好かれたいと思うはずです。

そんな時は、損した時でも『ありがとう』と言える人になってください。

 

人生と言うのは、失った時には代わりに何かが与えられると言います。

それは、お金には変えられないもっと大きなものが与えられるそうです。

 

確かに、金額的に見れば損をしているのですが、良い勉強になった、ありがとうと言うのです。『これだけのそんで済んだのだから、不幸中の幸い、やめるキッカケができた。ありがとう。』と言える人こそ、最終的にお金に好かれる人となります。

 

 

お金の勉強をするべし

ほとんどの人は、得をしたときだけ、ありがとうと言います。

前回の話で、儲からなかったり、プラマイゼロだったら、必ずと言って良いほど、次の誘いには乗らない人は多いと思います。その断った話が儲かると、大抵の人は、『なんで、もう少し言ってくれなかったのか?』と勝手な事を言ってしまいます。

物事が上手く行かなくても、『ありがたい』と思えることが大切なのです。

儲け話は、必ずもうかることはなく、儲かったり、損をしたりと色々あるモノです。

損した時は、損した分だけ何かを得ています。

その意識で、人間関係を壊さずお金の勉強を続けて行くことが、その人の人生になっていきます。

このブログでそんな何かを見つけてくれればうれしいと思い、ブログを書いていこうかと思います。