読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

節約するための見直しの方法

f:id:miumaga:20151220092038j:plain

節約と言えば、最初にどこを削ろう?と悩むことは多いです。

 

食費に交際費、光熱費・・・

 

でもよく考えて見て下さい。

 

食費や交際費、光熱費は確かに削りやすい部分ではあります。

ですが同時にやりくりをする際に頭を使わなければなかなか実行できません。

日々忙しい生活を送っていると、

その節約に頭を使う気力体力すら出てこない場合があります。

 

そんな時、楽に支出を減らせる方法があります。

 

それは、固定費の見直しです。

 

固定費は基本的に毎月の支払額が変わらないモノをいいます。

例えば家賃や保険、通信料の基本料金に新聞代などです。

一度減らしてしまえば後は楽に管理することが出来ます。

不便を感じたなら再度プランを戻すなりしてやり直せばいいだけです。

 

スポンサードリンク

 

家賃を見直そう

家賃の目安は「月収の30%を超えるなら引越しを考える」と言われています。

できれば1/4くらいまでは減らしたいところです。

管理費・共益費、2年に一度の更新料と更新手数料。

ここら辺の支出も加味して引っ越しも考えてみましょう。

ただし、引っ越し先の家賃が安くても

水道光熱費に余計なお金をかけなくてはいけないはめになったり、

職場が遠くて交通費がかかったりでは本末転倒です。

家の設備や交通費も確認した上で慎重に行う必要があります。

 

通信費はどうなっている??

通信料は、プランが以前のものと違うものになっていたり

ケータイやスマホの使い方が変わっていたりして

無駄に支払っている場合があります。

以前は使用量を郵送で知らせてくれていましたが、

今はネットで確認する時代ですので正直分かりにくい。

一度お店に行って通信料の見直しをすると、

意外にその後の支払いがグッと減る場合もあります。

場合によっては今使っているスマホやケータイを変えて、

格安スマホにするなどの選択肢を考えてもいいかもしれません。

 

保険を見直そう

こちらも無駄に支払っていることが多い固定費になります。

仕事の内容がケガのリスクが高く、万が一のことを考えられる場合は、

しっかりと掛けておいた方が良いですが、

一方で年齢や家族構成、

配偶者の仕事状況次第では減らしても大丈夫な場合もあります。

 

例えば、

お子さんがいて学資保険を払っている場合や

マイホームをすでにローンで購入している場合で、

稼ぎ頭に何かあった時に何かしらの保障が出ることがあります。

いざという時にダブルで保障を受けられるのは非常に助かりますが、

このケースだと支出の多い子育て世帯でもありますから、

保険料を減らすことで日々の生活が送りやすくなる可能性があります。

 

ここで注意が一つ。

 

保険の見直しと言っても、月々の掛け金を安くするだけが見直ではありません。

安い掛け捨て型の保険の場合は、

表面的な掛け金は安くなったとしても資産性はゼロの事が多いです。

また、年齢が上がることによる、掛け金の上昇を考える必要があります。

また、このような掛け捨て型の保険を長期間かけていたら、

いつの間にか終身型保険の保険料を超えていたなんてこともあるので注意が必要です。

逆の場合も十分あり得る事なので、

自分の今置かれている状況をしっかりと考えた上で、

保険と言うものを検討、見直しをしていくことが大切です。

 

 

最後に…

保険も『持ち家VS賃貸』論議と同じく『掛け捨てVS貯蓄型』となりがちですが、

両者ともケースバイケースと言う感じがします。

『持ち家VS賃貸』論議は、別の記事で書きたいと思っています。

固定費の見直しが再興したうえで、

流動費『食費・交際費・光熱費』の見直しが成功すれば

間違いなくお金が貯められるでしょう。

仮に貯まらずとも、赤字家計が改善する事が出来るはずです。