読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

初めての車からキャッシュで購入する

f:id:miumaga:20160111171556j:plain

車にかかるお金は、日々のガソリン代、毎年かかる自動車税自動車保険料、そして2年に一度の車検費用や車を止めておく駐車場代など他にもたくさんあります。

 

1年で車にかかる費用を集計したら、30万~50万位はかかると言われています。さらに、自動車をローンで購入している人は、更に負担額が多くなることでしょう。

 

スポンサードリンク

 

家計のバランスを考えると、マイホーム以外のローンは基本的にしないと言うのが、バランスの良い家計と言えます。マイホーム以外のローンがある時点で、家計費のバランスが悪くなると考えて下さい。

 

車の買い方を家計のやりくりの面から言うと、基本的にはキャッシュで購入する事で、かつ手元のお金で帰る車を購入しましょう。

要するに、身の丈に合った車を手に入れるのです。そして、その車を乗っている間に次の車の購入資金をためて、その費用が出来たら次の車をキャッシュで買うと言う事を繰り返すことが大切です。

 

この方法が一番なのですが、車をローンで買うと言う人が多いと言うのが現実だと思います。住んでいる所によっては、車を一人1台持っていないと生活が成り立たないエリアもあり、車はローンで買うのが当たり前と言う人もいる事でしょう。

中には、自分の回りは全員新車でローンを組んでいて、自分だけ中古車なん恥ずかしくて…と言った人もいることでしょう。

 

とはいえ、初めて車をローン買ってしまうと、2台目、3台目の車を買うときにも、ローンを利用する事に抵抗が薄いように感じます。つまり、車を買うときは、1台目を現金で買うかローンで買うかで、その後の買い方にも影響を与えてしまうのです。

 

車は嗜好性が高い出費でもあるので、人によっては自分の年収以上の車を保有している方も見かけますが、身の丈に合った車に乗ることが、家計を守ることにつながると思っています。

 

 

自動車保険は年払いにしましょう

車と言うのは、排気量によって自動車税自動車重量税などの負担が変わります。排気量が多ければランニングコストも比例して高くなります。子供が増えたり、大きくなってくると、排気量の大きな車が必要になるかもしれませんが、夫婦だけの時や子供が1人か2人くらいで小さい時には、軽自動車に乗ることもガソリン代やその他の経費の節約にもつながります。

 

また、自動車保険も年払いにすることをお勧めします。年払いにすると、2~3%程度の割引が受けられます。自動車保険は、年払いが保険料算出基準になっているために、月払いにすると、割り増し保険料が掛かってしまいます。

とくに、若いうちは保険料が高くなりがちなので、月払いで払っている人も多いかと思いますが、保険料の高い若いうちこそ年払いで払う事をお勧めします。

 

年間20万位の3%って結構大きいですよね?

毎月貯金をしてでも、年払いにする事をお勧めします。