読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

クレジットカードの仕組み

f:id:miumaga:20160119221125j:plain

現金を持ち歩かなくても、買い物ができボーナス払いや分割払いもできるクレジットカード。日本でのクレジットカードの発行枚数は、2億枚以上にも及びます。その背景には、これまで保有率が低かった20代と60代のカード保有率が上がっためだそうです。

 

最近では、ほとんどのクレジットカードの年会費が無料の所が多くなっており、カード会社が損をしているように感じますが、仕組みはいったいどうなっているのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

加盟店の負担で儲けを出している 

カード会社の利益と言うのは、主にショッピングとキャッシングでその利益を得ています。ショッピングの場合は、会員である私たちが買い物をしてカードで払った場合、加盟店である店側から、支払金額の5~7%の手数料がカード会社に入ります。

一方でキャッシングは、会員にお金を貸して年利12%~18%程の金利手数料を得て利益を出しています。また、デパートやメーカーなどが発行しているカードと提携して、わずかではありますがブランド使用料などが入ってきます。

 

 

リボ払いこそカード会社の儲けのからくり!

最近カードを作ると、さかんにリボルビング払い(以下リボ払い)の案内が来ます。

このリボ払いとは、利用した金額に関わらずあらかじめ決めた額が月々の支払いとなるシステムです。これは、加盟店からの手数料とカード会員からの金利手数料の両方が入ってくると言う魔法の仕組みです。だからしきりと、リボ払いの登録を進めて来るのです。

 

 

主なカードの種類

クレジットカードには、国際カード、信販系カード、銀行系カード、流通系カードなどがあります。それぞれ、年会費やサービス内容が違います。

カードの中には、毎月一定以上の金額を使用しないと、100円程度のデータ処理料がかかるカードもあるらしいので、選ぶ際は気を付けましょう。

 

 

クレジットカードは借りているモノ!?

いつも財布に入れていつも気軽に使っているカードですが、しかしこのカードはあなたのものではないと言うのはご存知でしたか?

知らない人も多いと思いますが、クレジットカードと言うのは、会員本人の所有物ではなく、カード会社のもので、それを会員に貸し出しているのです。

なぜ、貸しているのかと言うと、あなたを信用しているからです。そのために、入会時に審査があるのです。その審査をパスしたからこそ、カードを提示してサイン一つで買い物が出来るのです。

 

海外では、カードを提示しないとホテルに泊まれなかったり、買い物が出来なかったりすることがあるそうです。現金で払うと言っても駄目だそうです。これは、ぶらりと来た個人より、カード会社の方が信頼されていると言う証拠です。

 

クレジットカードのクレジットの意味は信用と言う意味なのです。