就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

資格取得と研修期間

f:id:miumaga:20160121215440p:plain

資格取得は自分のスキルアップにつながる

資格取得ポイントは、自分が将来どのようの仕事に就きたいかを真剣に考えて、3年、5年先を見据えた将来設計が出来ていることが必要です。

スポンサードリンク

 

今現在、自分の能力をもっと伸ばしたい場合や、その資格がすぐにでも現在の職場で役に立つ場合は、その資格を取る価値はあります。その時に、国家資格などの社会的評価の高い資格を取れれば、後々まで使える事でしょう。ただし、そのような資格は難易度が高い傾向にあります。

 

現在興味のある分野や好きな事であったなら、受験にも熱が入ることでしょうし、現在の仕事と関係している資格なら、会社の補助もあるかもしれません。

 

 

勉強時間と学習スタイル

目指す資格をいつまでに取得すると言う自分なりの目標を立てて勉強する事が大切です。資格取得の際の費用についても調べておき、計画的に資格取得まで進めていきましょう。専門学校に通ったり、通信教育や独学など、それぞれの長所や短所を検討して、自分に合ったものを選択しましょう。費用もそれぞれ違うのでサイトなどでチェックしてみると良いでしょう。

 

 

資格が先か?転職が先か?

転職を考える時、資格を持っていると有利と考えるのは私だけではないはずです。

まず、資格を取るべきか?それとも先に転職をしてから資格を取るべきか?どちらが良いのでしょうか?

確かに資格取得後は求人の選ぶ選択肢が広がることは確かですが、資格はあっても仕事経験がありません。たしかに資格は強みにはなりますが、転職で求められるのは資格より経験の有無。転職は、最初からある程度のスキルと経験を求められることが多く、資格の有無より、【どんなことができるか?】【どんな貢献をしてくれるか?】をもとめています。

簡単に言うと、【これをこうしてほしいんですが、あなたにはできますか?】ってことなのです。

 

 

f:id:miumaga:20150920214426p:plain

研修期間はどうしてあるのか?

研修期間と言うのは、講師や指導員による企業案内や、業務の説明、業務に必要な教育が行われます。機材や工具の使い方、接客マナーや社内でのルール等、通常業務を行うために必要な教育をする機関を研修期間と言います。

この研修期間でその人の能力や勤務態度などの評価をして、本採用をするかどうか決める期間でもあるのです。本採用のための試験をする企業もあるそうです。

エンジニア系の仕事では、この期間で社員となってから必要なスキルを身につける事となります。ほとんどの業種で、3か月から6か月くらいの決められた研修期間を設けており、その期間を経て正式に本採用となり、各部署へ配属と言う形が多いです。

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com