読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

使ってはダメな敬語を覚えて相手を不快にさせないようしましょう。

f:id:miumaga:20160129201729p:plain

たった一言でも相手を不快にするダメな敬語

敬語の間違いに気が付かないでいると、相手に敬意を表したつもりが、逆に失礼になったり、不愉快にさせてしまう事になります。

たとえば、丁寧に対応するつもりで、敬語を過剰に使ってしまう事が良くある事です。

スポンサードリンク

 

特に、【させていただく】は、よく語尾につけがちになります。

~させていただく』は、本来【許可】を得てすることに用いる表現です。

許可を必要としない動作には、丁寧語の『~いたす』の方が適切です。

 

×結婚させていただく事をご報告させていただきます。

○結婚する事になりましたので、ご報告いたします。

 

また、一つの言葉に敬語を二重に使っている場合も見かけます。

丁寧にすれば良いと言うものでもなく、必要のない敬語はむしろ使わない方がスマートな言葉になります。

 

新入社員などの若手は、学生気分の抜けきらない言葉遣いやバイトで覚えた間違った敬語を使ってしまう事あります。そんなことでは、一人前の社会人として認めてはもらえません。ビジネスの場で、信頼を得るためにも、しっかりとした表現を知っておくことが大切です。

 

『お・ご』『れる・られる』の過剰に使用した例

敬語だからと必ず『お・ご』えおつけなくてはならない、長い表現の方が敬語になると言う思い込みはやめましょう。【おられますか】と言った丁寧語の『おる』に尊敬語の『れる』をつけてしまう【二重敬語】にも気を付けましょう。

 

×どなたかおられますか?

○どなたかいらっしゃいますか?

 

×お客様がお見えになられました

○お客様が見えました

 

自分も接客をしたり受けたりとしたときに、よく聞く言葉ですね。たしかに、両方の表現を使う時もありますし、聞いたこともあります。

 

若者言葉やバイト敬語

語尾を上げたり伸ばしたりして使う『~ですよね↑』『~じゃないですか↑』と言った表現は、ビジネスの場では使わないようにしましょう。また、『全然大丈夫です』と言った表現や流行語、省略語なども慎むべきです。

 

×これで○○は全部ですよね?

○こちらで○○は全ての種類が揃いましたでしょうか?

 

×私は○○じゃないですか?↑なので、朝は早めに家を出ます。

○私は○○なので、朝は早めに出ます。

 

×私は、全然大丈夫です。

○私は一向にかまいません。

 

 

アルバイトなどでマニュアル化された言葉の中には、少し気になる表現も存在します。

1000円からお預かりします』なども適切とは言えない敬語で、聞く方は違和感しか感じられず、最近では問題視もされているのだとか…

また、『よろしかったでしょうか?』とは、本来【過去との比較】【~になります】は、【変化】を伴う時に使用する言葉です。

 

×コーヒーになります。

○コーヒーをお持ちしました。

 

×1000円からお預かりします。

○1000円お預かりします。

 

×店内でお召し上がりでよろしかったでしょうか?

○店内でお召し上がりになりますか?

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com