読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

求人票の経験者とは、何がどの程度できれば良いのか?

f:id:miumaga:20160202222508p:plain

転職活動で、求人票を見ていると書いてある【経験者】と言う単語。その会社の事業内容や職種、仕事内容で違いはありますが、どの程度が経験者なのか分かりずらいところです。

 

今回は、そんな会社が求める『経験』の中身について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

一般的に経験者とは、求人募集職種と同じ経験がある人が【経験者】と言います。

営業や販売系などでは、業界経験と言うのも含めている場合も多々あり、『広告営業経験者優遇』『アパレル経験者歓迎』などと言った記述も良く見られます。

 

実際に経験と一口に言っても、中身は様々で、たとえ志望職種が未経験でも、これまでと業界が同じ、対象となる顧客が同じ、必要なスキルが同じだった場合には、その実務経験が評価される場合が多いです。

求人票をよく見て、その仕事に応用で来そうなところがあれば積極的に応募書類や面接で伝えましょう。

 

具体的な会社が求める『経験』の中身を職種別に見ていきましょう。

 

○一般事務

重視する経験やスキルとして、ワード・エクセルを使った文章作成や集計などの経験。入力だけではなく、見やすさを考慮した書類作成の経験が欲しいところです。また、仕訳や元帳作成、小口現金の扱いなどの簡単な簿記。電話対応や接客などの対人業務のブランクの有無なども考慮されるようです。

 

○営業事務

電話応対スキルが必須で、取引先窓口となった経験が選考のポイントとなり、1日あたりの処理件数と内容などでその人のスキルが計れます。パソコンのスキルは、ワードやエクセルが基本でブラインドタッチが出来るようであればOK。伝票仕分けや、元帳作成レベルの経理知識があるともっと良いでしょう。会社によっては、海外が取引先と言いう事も考えられるので、電話応対できるくらいの英語力も必要になる場合もあります。

 

○経理事務

試算表作成や決算業務の経験が求められます。特有の科目処理の上で、業界経験者は歓迎されることでしょう。特定の会計ソフトの使用経験は不問の様ですが、テンキーの入力速度が重要視されるようです。財務内容の報告書作成では、ワード・エクセルの活用が必須になりますので、そのレベルも対象となります。

 

○総務・人事

前任者の業務を引き継げる人を求めているようです。ここでも、ワード・エクセルを使った書類作成、物品の購入や管理、初歩的な勤怠管理から給与計算や年末調整の経験が問われます。また、社会保険関係の入退社時の手続き、各種給付に関する申請書の作成などの経験があれば尚可。

 

○営業・ルートセールス

経験としては、業界経験がモノを言うことでしょう。他の選考基準として、営業姿勢で、どんな顧客を対象にどんな営業スタイルでやってきたか、目標や達成度などを聞き実力を判断します。営業車を運転する事が多いので、運転免許は必須。パソコンのスキルは、見積書の作成を出来るくらいの範囲でOK。

 

○販売職

接客経験があれば、経験者とみなされることが多いですが、業界経験者や商品知識が豊富であれば評価が大きく上がります。店長などのマネジメント経験が無くても、フロア構成やディスプレイ、売上管理などの経験があれば良い。後輩指導の経験は、その人の実力をするのに面接で聞かれることが多いと思います。商品管理や売上管理で端末やパソコンを使うので、普通にパソコンを使えます程度のスキルでOKです。

 

 

一部例を上げましたので、参考にして見て下さい。

それを見ると、事務職はパソコンをそれなりに使いこなせられなければ、仕事にならないという事は分かります。

 

よく求人票に【パソコンが出来る方】と書かれていますが、出来る方のレベルとは、どれくらいを求められているのでしょうか?

 

それは、ワードとエクセルをただ使えると言うだけでは弱いと思います。

他のライバルとの比較の上では、中級以上の技術は欲しいところです。

 

具体的に書いてみると…

 

ワード
・文書入力
・文書上に図表・画像挿入
・文書上の枠への表など他データの差込

 

エクセル
・入力
・計算式・関数の使いこなす。※できなくてもすぐに覚えられるか?

・図/写真、グラフの挿入
・表の色使いやセンス
・VLOOKUPのような、統計/分析系の処理
・ピボットテーブルの作成(1万件など多数なデータでも、条件ごとに揃える機能)
・マクロ機能の使い方・簡単なプログラミング
(マクロを見てボタン押しなど自然に行える程度で)

 

共通する基本的なこと
・ブラインドタッチ(キーボードを見ないで打てる)
・ブラインドタッチかつ速さ(1分60~100文字程度)
・センス(色使いなどの)

 

これだけ使いこなせれば、中の上位だと思いますので、どこでも通用出来るのではないかと思います。

 

 

 

数字のプロ・公認会計士がやっている 一生使えるエクセル仕事術

数字のプロ・公認会計士がやっている 一生使えるエクセル仕事術

 

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com