読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

定時に帰るマイホームパパはいけないのか?

f:id:miumaga:20160217224617p:plain

いつもは、就職や転職、仕事をするうえでためになりそうなネタを探して、これは何かの役に立ちそうだという事を記事にしていますが、今日は趣向を変えて私が仕事でこれはどうなのか?と思った事を書いていきたいと思います。

 

私は仕事柄、人間と関わるのが多い業務なので、色んな人と関わり合います。おかげさまで、この仕事をしてから、人と関わるのはチョットめんどくさくなる時があります。

 

まぁ、そんな私の仕事はそんな感じなのですが、記事にしてまでみなさんに聞いて欲しい事、ある一本の電話の内容です。

 

スポンサードリンク

 

先日、ある取引先から電話がきました。

その電話の内容とは、あまり良い内容の電話ではなく、お叱りを受ける内容の電話でした。あいては、こっちが話せないくらいに怒鳴り散らし、罵声を浴びせてきます。もうこうなったら、なすすべ無しで聞いているしかありません。

 

結果的には、こっちが悪い訳ではなく、相手の調整不足からくる不手際なので、誤解が解ければどうってことのない事なのですが、その電話の会話の中で一つ引っかかる文句を言われたので、書いてみたいと思います。

 

『あんたの所に連絡をしても一向に連絡がつかないどうなっているんだ!?』

 

『うちは、基本的に定時で帰るよう徹底しています。緊急の当番以外は、私に限らず仕事にケリがつけば帰宅します。携帯電話も自宅への持ち込みは禁止しています。』

 

ちなみに、その時に何時に連絡をしてきたのか聞くと、

『21時か22時くらい…』と言ってました。

 

わたしの中で、22時まで働くなんて、言う辞書は持ち合わせていませんし、わたしの会社内でも21時まで残業している人なんて稀です。

 

ここからが、問題発言何なのですが、

『当社では、21時まで残っている人は、いませんよ。8割以上の人が定時で上がっていますし、わたしもその日は帰っていました。』

 

『ふざけるな!なに女みたいなこと言ってるんだ!ありえね~だろ!!仕事だぞ!?』

↑↑ここです

 

まず、言いたい事!!

 

仕事は終わってます…19時には…あと2時間早かったら…

 

頭に来ているんでしょうから、ふざけるな!は分かります。

問題は、なに女みたいなこと言ってるんだ!です。それこそ、ありえね~発言です。どういう偏見か分かりませんが、定時で帰る人は、女のひとと言っているようにしか聞こえません。

私からしてみれば、22時まで働いている人が考えられませんし、あんたのために22時まで電話をいちいち待ってられません。そんな時間があるなら、娘たちと一緒に遊んでいたいです。

 

ちなみに、私はある社畜度検査で社畜度0%でした。0%はそれはそれでいけないと書かれていましたが…

 

仕事と言ってもを夜に仕事なんてありませんし、早い時は18時には終わっていますし、夜に電話をする要件なんてこれから飲みに行きませんか?くらいなものです。

 

その人の電話っていつも21時や22時くらいにかかって来てて、出勤後折り返しても全然出ないことが多く、いざ出ても『それ、あの時間にかけて聞く事?』という事ばっかりなんです。

 

 

そんなあいつに、こんな言葉を送りたい、

 

無能なき働き者…

 

きっと22時くらいに電話をしてきたのだから、その時間に会社にいたんでしょう。朝から働いてあいつは、一体どんな仕事をしているのでしょうか?

明日でも良い事を人の迷惑をかえりみず、勝手に行動し、勝手に仕事をし、勝手に満足しいるようにしか感じられません。

 

 

これがまた、取引先のそこそこ偉い人だから手も付けられない。

 

これも偏見かもしれませんが、そんなタイプの人間って決まって、50代以上に多いのは気のせいではないはずです。

 

 

有名なドイツの軍人さんが言った言葉です。

 

有能な怠け者は司令、有能な働き者は参謀、無能な怠け者は兵士にすべきだ!

では、無能な働き者はどうすればと言うと、排除せよと彼は言ったそうです。

 

それほどまでに無能な働き者とは集団の害となり、全体に不利益を齎すのです。

 

そういえば、あいつの良い噂は聞かないな~


やっぱりあいつは、無能なんだなと思う今日この頃でした。

 

機会があったら、会社における無能な働き者とは組織にどういう影響を与えるのかにつて書いてみたくなったので、楽しみにしててください。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com