読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

賃貸 vs マイホーム どっちがお得?

f:id:miumaga:20160228060939j:plain

マイホームを購入かそれとも賃貸かだれもが悩む永遠のテーマですが、資産状況、家族構成、地域のよって違いますが、一体どちらがお得なのでしょうか?

 

わたくし個人的な意見では、【マイホーム】が良いと思っています。

 

 

スポンサードリンク

 

その理由として、家族持ちで子供がいるからが一番理由と考えています。夫婦と子供2人の4人家族で将来的に子供部屋を与える前提で賃貸住宅を借りた場合と、住宅ローン+固定資産税を払っているのと金額が変わらない、もしくはそっちの方が安かったりします。

 

どうせ同じ金額を支払うなら、最終的に自分の資産になるからマイホームと言う事で、購入をしました。あとは、仕事柄転勤と言うものがないので、マイホーム購入が重荷にならないという事も理由の一つにあげられます。

 

あと、自分が定年退職後、年金があてにならない状況の中、家賃を払い続けなければいけない事を考えるとマイホームを持った方がとりあえず、住むところには困らないかなと思い購入にいたりました。

 

しかし、住むのにかかる初期費用で比べてみると、ダントツにマイホームの方が高いです。が、住宅ローン減税や国の補助金などを使って上手にマイホームを建てると、お得になる場合もあります。

 

とは言え、マイホームを購入しよう!と決めて動くとなると、住宅ローンの頭金を貯めるための貯蓄が必要となり(必ずしも必要とは限りません)、他の所でお金がかかってくることもあるので、賃貸よりも初期費用がかかるのは変わりません。

 

 

でも、いつかはマイホームを購入したい、と思っている人は多いはずです。

 

簡単に購入と言っても現在は、住宅購入を取り巻く環境は厳しくなりつつあるのも事実です。給与所得者の平均年収はずっと右肩下がりの状態で、雇用も不安定な状態から抜け切れていません。増税も検討さており、今後も収入の伸びは期待しにくい状態です。

 

そうはいっても、家賃を一生払い続けるなら、買った方が得ではないか、と考えてしまうのは仕方のない事ですし、わたしもそう思い購入をしました。

 

 

ここまで、マイホーム押しで書いてきましたが、50年間で住居費を比較すると、必ずしもそうとも言い切れないようです。賃貸では、家賃の支払いが続きますが、買えば税金や設備のメンテナンス費も必要で、そうなれば長期的には互角という事になります。

 

ボイラーが壊れても、賃貸では大家さんが負担してくれますが、持ち家では自分で負担しなければいけません。そういう見方だと、どちらが得かは一概に言い切れないのです。

 

 

   一戸建て購入  マンション購入  マンション賃貸
 50年間の支払総額  約9700万円  約1億円  約9800万円 
 支払金額の概算   購入代金4000万円、
維持費2600万円、リフォーム費用1000万円、ローン金利2100万円
 購入代金4000万円、維持費3900万円、ローン金利2100万円   家賃8600万円、更新料・移転費用1200万円

 ※【前提条件】■―戸建て・マンション購入 購入価格:4000万円、僣入額:3000万円(30年返済、金利3.4%)、リフォーム費用:1000万円、年間維持費:一戸建ては購入価格の1%、マンションは1.5%、物価上昇率:1% ■マンション賃貸 家賃:月12万円(間取りはマンション購入と同レベル)、値上げ:2年ごとに1%、移転:6年ごとに新築マンションに移転、移転費:家賃の6カ月分、物価上昇率:1%

 

 

最近では、自然災害によって住まいが大きな被害を受ける可能性があることも再認識されています。マイホーム購入に伴うリスクを十分念頭に置くも大切です。マイホーム購入と賃貸の違いや、不安を抑える方法を知ったうえで、購入か賃貸かを選択しましょう。

 

 

マイホーム購入と賃貸のそれぞれのメリット・デメリット

マイホーム購入では、満足感が得られるのが最大の魅力ですが、ローンの返済が苦しくなっても、売ったり、貸したりするのはそう簡単に行かないのも知っておきましょう。その点、賃貸なら身軽ではありますが、家賃が一生続くと言う点は、注意が必要ですね。

 

購入を検討するなら、他の支出を見直すなど、お金の使い方に優先順位をつけて、資金計画を立てて買う必要があります。賃貸では、将来的に支払い続ける家賃を見越して貯蓄を怠らない事がポイントです。

 

 

マイホーム購入する時のチェックポイント

マイホーム購入派のメリット
  • 自分の城という満足感が得られる
  • 住まいに愛着が持てる
  • 仕様・設備のいい家に住める
  • 今なら低金利で借り入れができる
  • 住宅ローン控除など国の支援がある
  • メンテナンスすれば―生住むことも可能

 

マイホーム購入派のデメリット
  • 頭金や諸費用で預貯金が減る
  • 住み替え・が容易ではない
  • 長期的にはリフォームが必要
  • 地震津波などのリスク対策が必要

 

マーホーム購入は、ローン返済できないリスクがあるため、安心できる資金計画で購入しなければいけません。一番良いのは、現金で買えれば一番良いのですが…

 

 

賃貸でのチェックポイント

賃貸派のメリット
  • 頭金や諸費用で預貯金が減らない
  • 固定資産税がかからない
  • 家族の成長に応じて住み替えできる
  • ローン返済に縛られない
  • 収入の変化に応じて住み替えが可能
  • 地震などの災害で修繕費がかかるリスクがない
 
賃貸派のデメリット
  • 自分の城という満足感が得にくい
  • 好きなようにリフォームできない
  • 条件の良い物件は家質が高い
  • 金利のメリットが活かせない
  • 国の持ち家支援政策の恩恵が受けられない

 

働いているうちは良いですが、老後の事をことを考えて、貯蓄を増やして余裕を持った方が良いかもしれません。

 

 

 

賃貸VSマイホームでしたが、結局それぞれメリット・デメリットがあります。

一概に、【どちらがお得か?】で決める事は難しく、住む本人が【どちらが安心で納得できるか?】にかかってくると思います。

 

これらを踏まえて、賃貸かマイホームかを慎重に選択をしましょう。