就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

パート主婦の130万の壁崩壊!?新たに106万の壁が主婦を悩ませる。

f:id:miumaga:20160304123439j:plain

家計の足しにと、パートやアルバイトをしている主婦の方は多いと思います。

そこでよく言われるのが、103万円や130万の壁と言った収入と扶養の関係です。

 

そもそも、○○万円の壁とは何なのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

○○万円の壁とは、税法上社会保険における扶養にはいるか入らないかと言う違いの事を言っています。103万円・130万円と良く言われていますよね?

 

103万円の壁とは、所得税における扶養の壁で、130万円の壁は、社会保険上の壁とされています。

 

この壁と言われる理由として、この収入を超えてしまうと、税金や社会保険料などの負担が一気に増える事から壁と言われています。

これはどういうことかと言うと、130万円の壁では、年収129万円と年収131万円と比べたと良きに、年収129万円の時の方が手取り額が多いと言う逆転現象が発生します。

そのため、多くの人がこの逆転現象が発生しない壁の手前で稼ぐのをやめるわけです。

 

税法上の103万円の壁

まず、第一の壁1税制法上103万円のの説明をしていきましょう。

パートやアルバイトなどの給与収入を得た場合、年間に103万円を超えた場合に、ご主人の扶養控除から外れることになります。

 

そのため、103万円以上の給料に対しては、【所得税】がかかってきます。

さらに、ご主人が税法上の扶養から外れることになり、ご主人が利用していた【配偶者控除】が利用できなくなり、ご主人の税負担が上がります。

 

しかし、税法改正に伴って、103万円の壁は事実上撤廃されています。

そのため、103万円を超えても【税負担は発生するものの、逆転現象は起きない】ようになっています。

 

それはどういうことかと言うと、103万円以上の税金はかかりますが、税率は所得税・住民税合わせて10%程度ですみます。ご主人の配偶者控除も使えなくなっていますが、代わりに年末調整に、この配偶者控除が利用できます。

この配偶者特別控除は、奥様のパートの収入に応じて段階が縮小されるようになっていますが、逆転現象が起きないように配慮もされています。

 

このことを考えると、奥様がパートをするうえで103万の壁と言うものはさほど気にしなくても良いと考えます。

 

しかし、ご主人の会社規定に注意をする必要があります。

会社によっては、扶養手当などを支給している会社がありますが、この条件として扶養親族である事となっているケースがあるので、103万円の収入を超えていると、対象外となることがあるので確認をしましょう。

 

社会保険上の130万円の壁

続いては、社会保険上の130万万円の壁について書いていきます。

パート・アルバイトで、年間130万円以上の収入を得た場合には、ご主人の扶養からも外れますが、社会保険の支払い義務も生じてしまいます。

 

その支払いは、国民健康保険国民年金の支払いです。

 

サラリーマンの妻は通常、ご主人の健康保険の扶養、並びに国民年金第3号被保険者扱いになっており、健康保険と国民年金の支払い義務はありません。

 

しかし、130万円以上のパート収入がある場合は、この扶養から外れてしまいます。

 

年間の給料が130万円の場合、社会保険料の負担は年間約20万円強となります。

なので、パート収入が129万円の方と130万円との方とでは大きな逆転現象が発生することになります。

 

年収130万円以上の人が、129万円の人と同じだけ手取りを貰いたいなら、年収170万円以上稼ぐつもりで働かないと損になります。

 

勤務状況によっては、国保国民年金ではなく、勤務先の社会保険+厚生年金へ加入するケースもあります。

よって、主婦の方などで社会保険上の扶養にいたいという方は勤務先に確認の上、年収だけでなく勤務時間も調整してもらうことが必要です。

 

 

f:id:miumaga:20160304124253j:plain

130万の壁が崩壊?

企業に対する社会保険適用条件が2016年10月から変更されることになってます。

 

条件として、

 

周の所定労働時間が20時間以上

賃金が月額8万8千円以上(105万6千円以上)

が加入条件に加わって、130万円の壁が崩壊する形になります。

 

かわりに、106万円の壁があらたに新設されることになります。

 

こうなると、パートというよりもバリバリ稼ぐ人と、年収をさらに押さえて106万円未満に抑えて働く方という方向にますます二極化しそうですね。

※企業規模501人以上の企業

 

 

この106万円の壁が新設されることによって、およそ30万人弱の人に影響を及ぼすと言われています。

 

現在、社会保険の加入ルールは、

 

週30時間労働・15日以上労働

と言った条件を満たした人が対象となっています。

 

 

また、主婦のようにご主人の社会保険の扶養に入っている方の扶養基準は「年収130万円」となっているのは、先ほど書いた通りです。

 

しかし、このルールが2016年の10月から緩和されることになります。

  1. 週の労働時間が20時間以上
  2. 賃金月額が月8.8万円(年106万円以上)
  3. 1年以上の使用されることが見込まれる
  4. 従業員501名以上の勤務先で働いている

※ただし、学生は除外する。

 

この新しいルールによって、扶養以下で働いているパートタイム労働者にとってかなりの影響が出ることが予想されることでしょう。

しかし、派遣社員の場合は働いている会社が501名以上でも派遣元の会社が500名以下であれば対象外となります。

 

 

こういう書き方をすると悪い話に感じるかもしれませんが、必ずしも悪いという話ではないようです。

これまで、130万円で1つの壁だったのですが、その壁が106万円になります。そのため、年収が110万円と100万円で逆転現象が起きて、年収100万円の人が得をするという事も起こります。

 

年収が110万円程度のケースで社会保険に加入した場合と加入しなかった場合とでの手取りの差は、15万円弱生じることになります。

110万円分働いた人の手取りは、110-15=95万円程度になるわけですが、100万円分しか働かなかった人は100万円が手元に残るわけです。 

 

 

主婦のパートの今後の働き方

働き方としては3通りです。

年収106万円で逆転現象が発生する事になります。

 

それを踏まえて…

 

社会保険に加入して働く

社会保険への加入は悪いことだけでないです。今後の見直しで、年金の3号被保険者にもメスが入る可能性もあるので、専業主婦や扶養内で働くメリットが小さくなってきます。

 

1億総活躍社会ですから…

 

社会保険に加入する働き方をすることで、老後の年金に加え、社会保障の充実といったプラス面は見逃せませんし、こういった政策の転換にも対応できる事でしょう。

 

労働時間を減らす

どうしても社会保険に入りたくないという場合は労働時間をへらして月額8.8万円未満の給料に変更するという方法をとるしかありません。

 

企業規模が500名以下の企業に転職

500名以下の企業であれば従来同様の扱いとなりますので、社会保険への加入義務はないのでこれまで同様に働けます。

 

 

社会保険への加入は負担が増加しますが、良い面もあります。

 

手取り減少は嫌だから働き方を変えるというのも一つですが、逆にこれを機会により多く働くという道を探すなどの方向転換を考えるきっかけにしてみてはどうでしょうか?