読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

2016年4月からの電力自由化に向けて知っておきたい仕組みなどの基礎知識!

f:id:miumaga:20160306085123j:plain

2016年4月より電力自由化がスタートします。各社、宣伝合戦もすごくテレビなどのCMを見た人も少なくないはずです。

 

そんな、電力の自由化で私たちの生活がどのように変わるのでしょうか?

 

そして、私たちはどんな事に気を付けていくべきなのか?どのように電力会社を選べばよいのか?そんな分かっているようで、分かってない電力自由化の話を書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

電力の自由化とは?

これまでは、地域ごとに決められた電力会社と契約を結んで、電機を使用していましたが、2016年4月1日から、家庭や小規模な店舗も電力会社を自由に選ぶことができるようになります。

 

すでに、今年の1月から各社による申し込み受け付けも始まっています。そのため、テレビや店頭、ネットや様々な媒体でのPR合戦が始まっています。その甲斐あってか、1月末までに5万件を超える電力会社の切り替え申し込みが入っているという情報もあります。

 

あるアンケートでは、電力利用者の約8割の人が電力会社の変更を検討していると言う結果が出ていると言います。

 

自由化で選択肢が増えることは良い事なのですが、それによって悪い事も出てくるのでそれも踏まえて考えていかなければいけません。

そこで次は、電力自由化のメリット・デメリットを上げてみましょう。

 

 

電力自由化のメリット
  • 競争を通じて電力価格(電気代)が下がる可能性がある
  • 消費者にとって大手電力会社以外の選択肢が増える
 
電力自由化のデメリット
  • 電力自由化に絡み悪質・悪徳業者がでてくる可能性がある
  • 小売業者の倒産などによる混乱が生じる可能性がある
  • これまで比較をする必要が無かった電力会社を自分で選ぶ必要が出てくる

 

 

 

メリット・デメリットがザックリ分かったところで、いくつかの疑問が湧いてきます。

 

まず、電力自由化で電気の質などは、業者によって違ってくるのか?

購入先を変えたとしても、これまで通り地域の電力会社の送電設備を通じて電気が送られてきます。災害などで送電設備が故障などをしても、これまでの大手電力会社が行うようです。結論をいうと、電機の質、安定性には問題がないといえます。

 

次に、切り替えた電力会社が倒産したら?

切り替えた先の電力会社が倒産しても、これまでの大手電力会社が代わりに電気を供給してくれます。その時の電気料金は、大手電力会社の料金プランとなります。

 

電力会社を切り替える際にかかる費用や工事の必要性は?

先ほども書いたように、送電設備はこれまでのモノを利用するので、工事は不要ですが、最初に電力会社を変える時に【スマートメーター】と呼ばれる機器が必要となるようで、その取り付け工事が必要となります。

この工事にかかる費用は、利用者の負担とはならないようです。

 

また、マンションに住んでいる場合も個別に新電力会社との契約は可能です。しかし、マンションの管理組合が一括で契約をしているような場合は対応が異なるので、一度管理組合に確認を取った方が良いでしょう。

 

 

これらの疑問を踏まえて、次に電力自由化における注意点を上げていきましょう。

 

f:id:miumaga:20160306090519j:plain

電力自由化における注意点

新電力会社と実際に契約する上で様々な注意点があります。

 

縛り契約

携帯でお馴染みの縛り契約ですが、新電力も契約が2年縛りになっているようなケースがあります。携帯同様、途中で解約すると違約金や解約金が発生する場合があります。

 

他のサービスとのセット割引

携帯電話会社、ガス会社など様々な業種が電力参入していますが、各社それぞれに手掛けているサービスとの【セット割】となっているのがほとんどです。ネット契約とセット、ガスの契約とセット、携帯電話とのセットと言った具合です。

契約をする場合は、しっかりと何と何がセットになっているかをよく確認をしましょう。

 

料金体系は使用量が多くないとお得感はないようです

新電力の料金プランを具体的に見ていくと、【使用量が多い家庭】ほどお得になるプランが多いのが現状です。理由として、電力小売りの送電網が既存のモノを使いその利用料が一定金額かかるためです。それによって、使用量が少ない一人暮らしや二人暮らしといった小規模な世帯などは、お得な感じがしない高い可能性があります。

 

悪徳業者の注意も必要

この電力自由化により、悪質な販売業者などが現れる可能性を考えなければいけません。手口は色々あると思いますが、大手電力会社をかたっ電気を売るだけでなく、関連した機器を販売するケースも考えられます。特に大手を語った業者には気を付けなければいけません。

スマートメーターの取り付けのトラブルなどがありそうですね。先ほども書きましたが、取り付けは無料なので覚えておいた方が良いかもしれません。

 

 

 

電力自由化によって伴う基本的な注意点などを書いていきました。最低限これらのを注意して、新電力の選択に役に立ててもらえると嬉しいです。

実際に、自由化がされてから色々な問題も出てくることがある事でしょうから、その都度対応していかなければいけません。