読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

転職で給料を希望額にする秘策はあるのか?

f:id:miumaga:20160307132257p:plain

転職で自分の給料が希望通りに行くのはとても難しい事です。しかし、給料アップが目的で転職をしたのならば、安い給料で甘んじることなく、上手く要求を通さなければいけません。

 

その交渉も会社と自分の両者が、望み通りになったという気分で終わらなければ意味がありません。

 

はたして、転職での給料を希望額にする秘策はあるのか考えてみました。

 

スポンサードリンク

 

どうせ転職をするなら、給料がアップするに越したことはないはずです。

 

まずは、あるアンケートから実際に採用に携わる人に【給料交渉はOKなのか?】と言う質問をぶつけてみたところ…

 

  • 面接官側から話を振る       …40%
  • 応募者から話があれば応じる    …29%
  • 給料交渉の場を別に設けている   …6%
  • 給料交渉は応じない        …25%

 

この結果を見ると、75%の企業が選考時に給料交渉のチャンスがある事が分かります。また、交渉のタイミングとして、切り出すなら一番最初の面接が良いと言う企業が7割近くに上ります。

 

これを踏まえて、実際に交渉を行う時にどのような事に注意した方が良いのか考えてみました。

 

交渉のパターンとして、面接官から話を振られる場合と、自分から話を振るのパターンが考えられます。面接官から話を振られた場合、基本的に採用される確率が高くなります。

 

しかし、面接官の質問には、必ず何んらかの意図があると、面接関連の記事で行ってきました。面接の際に、希望の給料を聞かれた場合には、相手側にどんな意図があるのか書いてみます。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

応募者の人間性を試している場合

お金の事って、結構人間性を知るのに一番良いという典型ですね。これは、【試されてる】だけなので、いくら希望の額を言ったとしても、給料の額は会社規定に沿ったもので決定されます。だから、人によっては、申告した金額より多い人もいれば、少なくなる人もあります。

その意図が汲み取ることが出来れば、金額としては謙虚な数字を答えた方が採用への決め手となる場合が多い事でしょう。

 

応募者自身の能力の自己評価に充てる場合

このケースも【試されている】と言う要素には違いはありませんが、自分はこれだけの仕事ができるので、これくらいの給料はもらいたい等の答えが欲しい場合にも聞かれます。

そんな場合は、逆に謙虚な数字を言ってしまうと、『この人は自身がないのか?』と低い評価になってしまいがちです。

 

採用側が出来るだけ安い賃金で採用したいと思ってる場合

この人を採用もしたいが、給料もできるだけ抑えたい場合にも、希望の給料を聞く場合があります。ある程度の基準は決めていて、希望額との折り合いが合えば採用して、あまりにもかけ離れていたら、仕方なく他を探すと言う方法です。

こういう企業は、採用されてから仕事に見合わない給料を支払う傾向が強いので、面接中にそんな意図が見えたら、こちらから採用をお断りする勇気も必要かもしれません。

 

 

f:id:miumaga:20160307132352p:plain

さて、面接官の希望の給料の質問の意図が分かったところで、今度は自分から話を振る場合に、どのような事を注意した方が良いのか書いていきます。

 

先方が話し終えるまで何も言わない

人事部長でも面接官でも、先方がお話をすればするほど、その得られる情報は増えてきます。まずは、相手に先に話をさせて、最初の金額提示をしてもらいましょう。しかし、常に思い通りに行くものでもありません。

 

面接中に、今の給料額を聞かれることがあります。

先ほどのどれくらいの給料が欲しいのか?と少しニュアンスが違います。

 

そんな時は、できるだけ相手に矛先を向けるようにしましょう。

 

たとえば、

『私の給料は○○円です。これまでの経験やスキルを元に最高の条件を提示してくれる会社を探しています。この役職での待遇はどれくらいなのでしょうか?』

 

今の給料が低い場合は、そういう場合は率直に、

『私も今の仕事は好きですが、正直言って給料が低すぎます。』

と、正直に言ってみましょう。


給料の交渉できるということは、相手があなたに働いてほしいと心を決めた可能性があります。人と言うのは、車や名声、権力の価値が理解できたら、それに対してお金を払います。

 

質問しすぎないで、情報を得る

先方におおよその給与額を知るには、その会社で働いている社員に聞くか、会社情報サイトで調べる方法があります。

しかし、面接を受けている側は、自分にとって適正な給料額が頭にあると思いますが、会社の方も支払える限度額と言うものがあります。先方の会社が設定している給与額より高い金額を伝えると、相手に雇う気があってもその瞬間に雇う気がなくなってしまいます。


交渉の仕方は金額ではなく、希望の範囲を伝える事

希望の給料をもらう前に、面接をパスしなければ希望額どころではありません。競争に勝ち抜いてでもその会社で働きたいのであれば、希望額を直接伝えるのではなく、希望額の範囲(パーセンテージ)を伝えた方が良いでしょう。

そうすることで、相手にも交渉の余地があると伝わります。

 

ほとんどの会社は、たとえ希望の範囲の下から30%でも、その範囲に見合う金額にしようとします。相手側があなたに働いてほしいと思っているなら、希望の範囲に見合わない金額を提示するような、間違った返答はしたくないはずです。

 

必ず一度はこちらから提案すること

先方から金額の提示を受ける時があります。そんな時は、逆提案を求められていると思ってください。たやすく言いなりになるような人を求めている会社はありません。

しかし、これもやり過ぎると逆効果なので、逆提案は一度きりのそこそこにしておく方が良いでしょう。金額も、常識の範囲内ということで提案をして見て下さい。

 

今の給与金額を偽らない

これは、基本なのですが、今貰っている給料を伝える時は、嘘をつかないようにしてください。源泉徴収等を見れば、あなたが現在貰っている給与額を調べるのはとてもたやすいことです。

新しい会社で働くのに、初めから嘘つきのレッテルを貼られて働く事になります。

 

 

 

給与交渉のポイントとしては、

  • 交渉は一次面接【最初の面接】の終盤で切り出す(何か質問は?のタイミング)
  • 年収や月収を伝える場合、面額で伝える(総支給額)
  • 希望額を聞かれたら、意図を汲み取り的確な金額を提示する
  • 金額は正直に伝え、アップしたい額はパーセンテージで言うと効果的

 

 

最後に、成功例として前職の給料よりも控えめな金額を提示して、仕事で結果を出した後に給料の見直しの機会を設けてほしいと言った人もいるそうです。もちろんその人は、採用されたのち、約束通り見直しの機会を設けてもらったそうです。

※給料が上がったかどうかは、分かりません…

 

 

給料の交渉と言うのは、長引くと両者ともにストレスになります。分かり易く言えば、野球の契約交渉で、毎年色んなドラマがありますよね?ましては、これから新しく働く職場で、お互い気まずいスタートは切りたくないのは、私だけではないはずです。

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com