読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

クレジットカードの申し込みになかなか審査が通らない、スーパーホワイトとは?

f:id:miumaga:20160308211918j:plain

たまにクレジットカードを申し込んで審査がなかなか通らない人がいます。

年収が足りなかったり、過去の金融取引履歴が真っ黒な人なら当たり前ですが、中には金融取引履歴が真っ白な人も審査落ちする人がいるそうです。

 

そんな人の事を、【ホワイト】【スーパーホワイト】と言うそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

ホワイト、スーパーホワイトとは何か

このホワイト、スーパーホワイトですが、それぞれ違う意味があります。両者とも過去の金融取引履歴(申し込み、利用、返済など)が真っ白な点では違いがありませんが、真っ白の理由がそれぞれ違います。

 

ホワイトとは、過去に自己破産などの債務整理を経験して、一定期間ブラックリストに入った後に、その期間が経過して信用情報機関の情報が真っ白に塗り替えらた状態の事を言います。

一方でスーパーホワイトは、過去にクレジットカードやカードローンなど、借金と呼べるものをしたことのない現金主義者のことです。

 

 

ホワイトとスーパーホワイトはクレジットカードを作りにくい訳

基本的に普通に社会人生活を営んでいれば、何かしらローンや借り入れを利用する場面が必ずあり、それがその人の金融取引履歴として、残っていくのは普通の事です。

 

クレジットカードの発行は、あくまで信用担保と呼ばれるその人の信用性が全てとなっており、それを具体的に確認できる要素が過去の金融取引となっている訳です。

金融取引履歴が不明というのは、過去履歴情報がすべてのクレジットカード会社にとっては、信用性を担保できないと判断されるのです。

 

 

現在のクレジットカードの審査は、超高速の機会審査を挿入しているそうです。

この時にクレジットカード会社のシステムが申込者の信用情報を参照する時に信用情報が真っ白だと、容赦なく審査に落ちます、いわゆる信用情報が真っ白な事が理由だけで、審査落ちなのです。

 

一部の審査の審査の甘いクレジットカードを除いて、今のクレジットカードの多くは信用情報が真っ白だと容赦なく機械審査の段階で落とすのが普通となっています。

 

 

とは言え、学生や新入社員などの若い人は、ほとんどがスーパーホワイトの人と言う人が多いと思います。それでは、その人たちはクレジットカードが作れないのか?と言うとそうではありません。

 

そんな、学生や新入社員のための学生専用のクレジットカードや新社会人のためのカードと言うのがあります。こういった人の為のカードなので、金融取引履歴は基本的に重視されません。

 

 

むしろスーパーホワイトで問題があるのは、30代以降の現金主義者の人です。

それなりの年齢を重ねているのにも関わらず、履歴がないということは逆に借金が出来ないほどお金に困っていると思われてしますのです。

 

そんな人でも、まずは携帯電話の本体を分割して購入する契約をすることから始めてみましょう。最低半年間携帯を分割払いすることによって、クレジットヒストリー(クレヒス)をつけて審査のスタートラインに立てることが出来るでしょう。

 

 

f:id:miumaga:20160309123211j:plain

ホワイト以外で審査に落ちている場合ももちろんある

ホワイトでも審査は通らないのですが、もちろんそれ以外にも理由がある場合があります。それは、住まいが賃貸で固定電話を引いてない場合なども、カード会社も嫌がる傾向にあります。

 

賃貸住宅ですと、持ち家に比べて引越しが容易であり、カードを利用するだけ利用して、逃げられると可能性があるからです。住まいが持ち家だと、引っ越しはそうそう出来るものではありませんよね?

 

また、固定電話を引いていれば、携帯電話オンリーの人よりも評価は高まり、審査の通過率は高くなる傾向にあります。

 

あと、審査に落ちる原因として、身の丈に合わないカードに申し込んでいる可能性も考えなければいけません。クレジットカードというものは、機能が充実しているほど審査も厳しい傾向になります。

 

年収300万円の人が、プラチナカードに申し込んでも通らないのは、当たり前のことです。比較的、審査が緩いクレジットカードのねらい目としては、パートやアルバイト、学生の人も審査対象になっているカードを狙ってみましょう。