読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

人の上に立つ経営者がやってはいけない態度とは?

f:id:miumaga:20160316210456p:plain

雇われている立場で経営者を見ると、なにもしいていないように見える時もありますが、経営者の立場にたつと、色々な事に直面します。

 

顧客と社員のケアを同時にしなければいけませんし、両者の絶え間ない要求にも、答えて調整をしなければいけません。

 

そんなことが続いてくると、時には経営者らしくない振る舞いも出ることもあることでしょう。それが続いてしまうと、社員や顧客が離れてしまうかもしれません。そんな失態は、経営者として、あっては行けませんよね?

 

経営者こんなことをやってませんか? 

スポンサードリンク

 

細かく指示を出し過ぎていませんか?

仕事で人に何かを任せる事は、なかなか難しいものです。細かく指示をすることが部下を管理する最善の方法ではなく、自分の時間をも無駄にすることになります。よく、何でもしてしまう社長は、社長には向かないと聞いたことがあります。

1歩引くことが出来て初めて会社を成長させることが出来る事でしょう。

 

 

感謝の気持ちを忘れて無愛想になっていませんか?

会社を経営するということは、社員たちにはない大きなプレッシャーとストレスがある事とおもいます。そのせいで、前向きな姿勢や我慢強さがなくなることもあります。

経営者というモノは、いかなる時も頭を研ぎ澄ませて安定している必要があります。常に、感謝の気持ちを忘れずに尊敬の念と共通の目的意識を持って。社員たちにコミュニケーションを取る必要があります。

 

 

情報の共有をしていますか?

経営者の中には、自分にしか理解できないだろうと思い、ほとんど自分しか知らない事実を元に大きな決断を下す時があります。会社の運営に大切な、社員や出資者、他の経営者にも、もっと情報を共有しなければいけません。素早く決断をしなければいけない時などは特に、自分がこのような指示をどうしてしなければいけないのかの説明が不十分だったり、コミュニケーションをしなかったりします。

 

 
人の悪口をいってませんか?

他の記事でも書いたことがあるかもしれませんが、人の悪口を言わないと言うのは、雇われている人だけではなく、経営者にも言えることです。社長自らが悪口の言うような会社の社員は、【自分たちは使い捨てだと】思ってしまい、会社全体の士気に関わってきます。

それに、人として悪口を言っているのを見るのは、誰でも嫌なものです。

 

 
エゴを出し過ぎてませんか?

人間は、誰でもエゴが出てしまう時があります。しかし、会社の発展を望むのであれば、共感力を持ち、1歩引いて社員や部下の反応を見て学ぶことによって、修正や調整が出来るようになります。

 

 
顧客である以上きちんと仕事をする事

社風と言うのは、社長から徐々に浸透するものです。どんなに非常識な顧客でも、きちんと仕事をする態度を社長自ら始めなければ、部下たちに浸透しません。社員の態度を見て、違うなと思ったのなら、まずは自分の振りを直さなければいけません。

 

 

批判を受け入れていますか?

自分の考えが完璧だと思っていればいるほど、友人や同僚に批判されたり、変えた方が良いと言われると嫌な気分になります。人の上に立ち人こそ、謙虚な気持ちを忘れないようにしてほしいものです。

 

 
親しい中にも礼儀あり

社員と親近感を持ちたいあまり、社員の機嫌や調子をうかがい過ぎる人もいるそうです。そうなると、社員も鬱陶しいの何物でもありません。ある程度のトモダチ関係にはなれるかもしれませんが、社長である以上一線を引き威厳があるところも見せなければいけないものです。

 

 

経営者に限らず、人の上に立つ上司の立場の人達にも言えることなので、心当たりがある人は少しずつ修正していけるようにしたいものです。

 

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com