就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

仕事は価値観が一致しているより、スピード感が一致している方が上手く行く

f:id:miumaga:20160322211253p:plain

転職した人に聞いてみると、転職の理由のうち最も多いのが職場の人間関係です。要するに、今の会社の上司や同僚と一緒に働きたくないのです。

これを好き嫌いの問題や価値観の不一致と言ってしまえばそれまですが、この転職理由ナンバーワンと言われている人間関係の問題は、実はもっと本質的な理由があります。

 

ある程度の人のいる会社で、馬の合わない人少なからずいるものです。その理由は、価値観の違いとも言えますが、それはむしろ【スピード感の違い】とも言えるのではないのでしょうか?

スポンサードリンク

 

仕事を終わらせるスピードで差がつく

仕事のやり方には、個人差があります。サクッと仕事を取組み終わらせる人もいれば、慎重になるあまり手が止まってしまい、検討中と言う名の空白の時間を作って、完了を遅らせる人もいます。

 

仕事の成果の差が無い場合は、仕事のスピードの違いだけで、かたや仕事ができる人、もう片方は仕事が出来ない人と言う思われることもあります。

 

仕事が速い人が遅い人の姿を見ると、耐えられないものです。一方で、仕事の遅い人の多くは、自分のスピードを変える事ができず、速い人とは働きにくいと感じるものです。このことが原因で、会社を辞める、転職をしたいと考える人も少なくありません。

それくらい、仕事のスピードは仕事の成果や満足度にとって大きな要素を占めます。

 

 

 

技術よりも判断のスピードがポイント

仕事の成果とは、何によってもたらせるのでしょうか?

計画性や正確性、持続性や戦略性などの色々な要素があります。総合的に見れば、本人のビジネススキルの差とも言えることでしょう。ところが、どんなにスキルがあっても成果が上がらない事があります。それがタイミング。

 

仕事が速い人は技能が高い場合が多いですが、それ以上に仕事が遅い人との決定的な違いがあります。

 

それは、【判断のスピード】です。

 

具体的に説明すると、状況を計算するスピード、プレゼンの準備をするスピード、相手に真意を理解させるスピードなどがあげられますが、一言で判断のスピードと言っても、それは沢山あります。

このように仕事で判断しなければならないことは複雑で数もたくさんあるため、ひとつの仕事を終わらせることはそう容易なことではないのです。

 

 

 

価値観の一致はハードルが高い

そもそも職場で一緒に働く相手に対して、価値観の一致を求めるのは難しいでしょう。

仕事で効率的に協力して、高い成果を望むとなれば、その相手の【スピード感】を確認した方が良いでしょう。テンポが合う相手であれば、技術的な差があったとしても、お互いに補完し合って大きな成果が生まれる可能性があります。

つまりは、理想の上司と部下の関係は、価値観の一致よりスピード感の一致で決めるべきなのです。

 

 

 


転職先もスピード感に注目して選んでみましょう

仕事で成果を出す場が、職場です。チームワークは相乗効果を生むために発揮するもので、チームを作る時は【スピード感】が一致する人同士で組むと良い成果が生まれます。

 

中途採用で人材を採用する時も、同様なポイントを考慮して採用すると失敗が少なくなることでしょう。逆に、転職先を選ぶときもスピード感に注目して選ぶと失敗は少なくなります。

 

 

実際に、どんなに価値観が一致していても、仕事の成果が出なくなると職場の人間関係は悪くなります。会社と言うのは、仕事をするために人が集まるのであって、趣味やクラブ活動ではありません。会社には共通の目標があって、必ず成果を出さなければならない場所なのです。仕事の成果が出なければ、その会社は存続できず、終了するしかないと言う事になります。

 

逆に言うと、価値観が多少合わなくても、成果さえ出ていれば集団として思いのほか長続きが出来るということにもなります。今、転職を考えるほど人間関係に悩んでいる人は、辞める前に上記のような視点で改善の余地が無いか今一度考えてみてはいかがでしょうか?