就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

給料振込指定口座は、都市銀行がおすすめ!

f:id:miumaga:20160323203846j:plain

あなたは、貯蓄をしようとしたとき真っ先に思い浮かべる金融機関はどこでしょうか?

金融機関と言っても、全国展開している都市銀行や特定の地域をカバーする地方銀行や信用金庫、信用組合などがあります。そのほか、全国どこにでもある、ゆうちょ銀行も見逃せません。

 

さらに近年では、実店舗がないネット銀行などの選択肢も入れれば、貯蓄に利用できる金融機関は、数え切れないほどあります。そんな、数え切れない金融機関のなかでどこの金融機関を選べばよいのでしょうか?

 

 

金融機関を選ぶ際は、まずは給料の振り込み口座を軸として、利用方法を考えると良いでしょう。何らかの形で働いている人は、給与振り込み口座を持っている人がほとんどのはずですが、結婚を機に変更するのも良いかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

給料振り込みの口座は都市銀行がおススメ!

まず、都市銀行とは、三菱東京UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行などがこれに当たります。それでは、なぜ都市銀行を良しとされているのかと言うと、店舗数の多さとネット支店のサービスの充実があります。

 

さらに銀行ごとに条件は違いますが、30万や50万などの金額を定期預金に預けると、コンビニATMでの引き出しが24時間無料になるサービスがあるのも魅力的です

 

また、振り込みなどをする場合に、相手側が都市銀行である確率が高く、振込手数料の節約にもつながります。さらに、同じ銀行間の振込手数料が無料になるケーズも多いので、振込先の口座を調べて、一番手数料が安く済む銀行からの振り込みを行うと良いかもしれません。

給与振り込みの口座は、ネットワークの良さや手数料の安さなどを考慮して決めると良いでしょう。

 

 

最近では積み立て式の定期預金が出来るネット銀行も侮れない

最近は、ソニー銀行のように給与振り込み口座にできるネット銀行も出てきています。

積み立て式の定期預金が出来るネット銀行は、ソニー銀行イオン銀行です。イオン銀行普通預金の給与振り込み指定口座にすることが出来ます。

 

これらの2つの銀行を給与振込指定口座に指定すると、金利が有利な積立式の定期預金に自動的に預けられます。ネット銀行を給与振込指定口座にしようと考えている人は、ソニー銀行イオン銀行を検討してもいいかもしれませんね。

 

 

 

都市銀行のメリット

  • 店舗数が多い
  • ネット支店のサービスが充実
  • 一定の条件を満たせばコンビニのATM手数料が無料に(これは結構便利です)
  • 振込手数料が節約できやすい

 

 

 

イラスト図解 銀行のしくみ

イラスト図解 銀行のしくみ