就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

節約と生活コストの違い

f:id:miumaga:20160324210240j:plain

節約と言うと、少しでもやすいモノを買うとか割引券を使って得するなど言った事になりがちです。それは、それで楽しい事でもありますし、お得ではありますが、これらの方法は小手先のテクニックにすぎません。

本当にお金を貯めたり、有意義なお金の使いかたをして暮らしを豊かにしたいのならば、根本的な所で改善しなければいけません。

 

その根本的な所、生活コストの見直しをしなければ、いくら節約をしても意味がないということです。

  

今日は、支出全体をコンパクトにする生活コストを下げることについて書いていきます。

 

 

スポンサードリンク

 

生活コストを下げる」と「節約する」同じようで、微妙に違います。

 

支出全体をコンパクトにするということは、自分にとって本当に必要なモノが何なのかを理解して、不要なものにお金を使わないということです。

 

例えば、洋服代を節約するために安いお店で買ったり、クーポン券などを使って買い物をすることは良い事ですが、買った服が着こなせなくてタンスの肥やしになっているようでは、 節約になっていませんし、手入れが悪くてすぐに捨ててしまう羽目になっても同じことです。

 

安いからとアレコレ買うのではなく、本当に自分が着こなせるものだけを買って、それを大切に手入れをしながら長く着ることが【生活コストを下げる】と言う考え方です。

 

洋服に限らず、住居費、食費などもこのような考えを元に、本当に必要なモノだけを見極めて買うと言うお金の使い方が生活コストを下げることに繋がるのです。

 

 

生活コストを下げることは我慢とは違う

節約と聞くと、どうしても我慢すると言うイメージがあります。それと同じで、生活コストを下げるということも、必要最低限のモノを買うものですから、我慢が必要な感じを受けます。しかし、お金を使うのを我慢していると言うのもちょっと違う気がします。

 

我慢せずお金を使っていても、生活コストは下げられます。ポイントとしては、【本当に必要なモノがなにかを理解しているか否か】で感じ方が変わってくることでしょう。

 

 

固定観念や見栄が無駄なものを買ってしまう

必要のないモノを買っている人は、【無駄なものを買っている】と言う意識がありません。それを必要だと思っているから買ってしまうのです。

でも、それは本当に自分が必要なのかちょっと考えて欲しいのです。

 

もしかしたら、免許を取ったから車を買う、結婚したらマイホームを購入などと言う、固定概念があるかもしれません。       

また、『みんなが持っているから、持ってい居ないとはずかしい』『ブランド品を持っていた方がカッコいい』などと言う見栄も入ってるかもしれません。

 

周りが車を持っていたとしても、自分には必要が無いのであれば、買う必要もないのです。固定観念や見栄によって買ったモノの大半が必要のないモノだったりします。    

バブル景気の時のように、いくらでも収入が増える見込みがあるならそれでも良いかもしれませんが、しかし現代はそうではありません。収入が上がるとは限りませんし、多様化する世の中で必要のモノは人それぞれ違うものです。

 

 

そんな世の中だからこそ、お金の使い道はしっかり考えていかなければならないのかもしれませんね。