読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

豊臣秀吉の「組織運営」の大失敗に学ぶ。豊臣政権滅亡のターニングポイントは「秀次切腹事件」!!

f:id:miumaga:20160522224312j:plain

豊臣秀吉の晩年の愚行として知られている、【朝鮮出兵】と【秀次切腹事件】。織田信長に仕え、足軽から天下統一を成し遂げた秀吉ですが、その晩年はもうろくして自らの愚行によって豊臣政権を滅亡へと追いやったと一般的に思われています。

 

その愚行の一つとされている、【秀次切腹事件】から見る、組織運営の失敗例を紹介して行きましょう。

 

スポンサードリンク

 

豊臣秀次切腹事件】は、文禄4年1595年7月15日、高野山で起きた関白豊臣秀次切腹とその妻子の集団処刑に至る騒動のことを言います。

秀吉から関白を譲られた、甥・秀次は名実と共に、豊臣政権の2代目となりました。しかし、【殺生関白】と呼ばれる程暴虐な振る舞いが多く、後に生まれた実の息子(?)秀頼を後継者にしたい秀吉によって、高野山へ追放、切腹を命じたと言う説が一般的な認識だと思います。

 

 

老いてもうろくした秀吉が、後に生まれた実の息子を後継者としたい一心で、悪名の高い甥・秀次に追放・切腹を命じたと言うのが【秀次切腹事件】です。しかし、この事件が豊臣政権を滅ぶ原因だったと言う考え方の記事があったので、書いていきます。

 

現代に置き換えると、人材マネジメントの失敗により企業の倒産言ったところでしょうか?

 

 

まず、史料を元に事実関係を見ていきます。

 

秀吉は秀次に召使や料理人、番人を付けている

文禄4年7月12日の【秀次高野住山令】で、秀次の身の回りの世話をする者や料理人を付けるように命じているようです。また、秀次の下山や彼を見舞う者の侵入を見張るための番人もつけている。もし、秀吉が秀次を切腹させるためなら、このような措置を取るだろうか?

 

切腹を命じる一次史料が残されていない

先ほど書いた【秀次高野住山令】の一次史料の写しが残されているが、秀次切腹を命じた一次史料は見つかっていないのです。江戸時代の【甫庵太閤記】にその形跡は残っているようですが、形式や内容が当時のものとは似ても似つかぬ物だったようで、偽物と断定すべき物の様です。

 

秀次への切腹命令を高野山に届けられたのか?

文禄4年7月12日に高野住山令が発せられて、7月15日午前10時は秀次が切腹をしているので、切腹命令を早くて次の日に発しても、15日に高野山に届けるのは物理的に無理です。なので、切腹命令自体存在したのかが疑問に残ります。

 

切腹の定義

切腹には、【究極の請願の形態】と言う一面もあり、自発的にするケースもあります。そこを考えると、秀次の切腹は自発的な切腹と考えた方がしっくりくることでしょう。

 

 

 

あくまでも一部の史料での根拠ですが、この3つから「秀吉に秀次を追放・切腹させる意図はなかった」可能性が浮かびあがります。

 

秀次の高野山行きは秀吉の命令での【追放】ではなく【出奔】で、切腹は自らの意思で行ったものと考えます。なので、切腹は秀吉が命じたのもではないので、彼にとっては想定外の出来事だったのではないのでしょうか?

 

 

 

秀吉と言う圧倒的な存在感を持つ存在なくして豊臣政権は誕生してません。

それは、秀吉の死後に後継者が政権を運営していく場合、多くの困難が予想されます。そのことを考えていた秀吉は、政権を存続させるために、豊臣家を【摂関家】にしたのです。

 

摂関家】とは、国政を取り仕切る摂政と関白になれる家格の事で、近衛・一条・二条・九条・鷹司の5家のみとされていて、貴族社会の頂点に立つ選ばれた家柄です。

 

秀吉は、近衛家の養子となることで、武家として初めて仕官して、その時に【藤原姓】を名乗っています。

その2か月後に、朝廷から武家の本姓として【豊臣姓】を下賜されたことによって、豊臣宗家は【豊臣摂関家】の家格を得ました。これによって、【位人臣を極めた】秀吉は、個人でも豊臣宗家にも絶大な権威を持たせることに成功しました。

 

そして、その関白の地位を甥の秀次に譲ることで、豊臣家による関白職の独占、豊臣政権の正当化を図ろうとしたのです。

その秀吉自身が関白を譲った秀次に切腹を命じたのであれば、いわば最大の【自己否定】になります。そのような事を秀吉はするでしょうか?

 

f:id:miumaga:20160522224134j:plain

一連の騒動で有名になった大塚家具でも、女性社長で最近では他の企業でも珍しくなくなりましたが、戦国の世ではとにかく男子の数がモノを言う時代でした。歴史を見ても分かるように、豊臣家の最大の弱点それは、男子が少ない事。

 

秀吉は、長男・鶴松を失い、頼りにしていた弟の秀長とその長男も先に亡くなってしまいました。文禄4年7月の時点で秀頼が成人するまでの間、政権を任せられる男子は、秀次しかいないのです。

そんな秀次を切るなど、政権を崩壊させるに等しい事を秀吉はするでしょうか?

 

会社組織も上司が部下の事を機にかけて、マネジメントをするのは当たり前です。まして、一つの負けが一族の生死にも関わる戦国の世であれ、その重要性は計り知れません。戦国大名は、一族や家臣の結束を固めるため、様々な策を労しているのです。

 

 

人たらしと言われた秀吉は、その個人的な魅力に加えて人材マネジメントにも秀でた人物だったようです。諸大名を取り込んで、豊臣姓・羽柴姓を下賜することで秀吉ファミリーを形成していきました。

 

しかし、一族中でも肝心な秀次への配慮が欠けていたことで、普段の生活からは想像もできないような武士としても強い決意を併せ持っていたことに秀吉は気づけなかったのでしょう。

 

そして、謀反の疑いをかけられた秀次は、自らの潔白を証明するために切腹を遂げてしまう。

 

諸大名を上手くマネジメント出来たが、身内のマネジメントの失敗がのちの豊臣政権の屋台骨を揺るがす事になるのです。

 

 

この切腹事件と言う前代未聞の大事件で、豊臣政権は事件の火消しに追われることとなります。その結果が、【謀反事件】を完璧なものに仕上げるため、秀次の妻子全員の処刑を持って事件の幕引きをしたのです。

 

そして、歴史は皆さんの知る通り、慶長3年(1598)の秀吉の死、慶長5年の関ヶ原合戦、慶長8年の徳川幕府成立を経て、慶長20年(元和元年・1615)の大坂夏の陣で滅亡します。

 

秀次の切腹から、わずか20年です。

 

 

最後に、秀次には4人の男子がいて、彼らが成人していれば、【一族の男子不足】と言う豊臣政権の弱点を改善できる可能性があったと言います。もちろん、秀吉・秀次死後の兄弟間の政権争いはないとも言えませんが、それはタラればの話です。

少なくても、秀吉詩死後の徳川家康による政権奪取と言う事は防げたかもしれません。

 

 

天下人となった豊臣秀吉でも、部下のマネジメント失敗で豊臣政権と言う大きな企業の倒産のきっかけを作ることとなりました。人材マネジメントの失敗は、企業(組織)の存亡も左右する事もあると言う事を肝に銘じておかなくてはいけません。

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com