読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

40歳前後の独身女性の4割が非正規社員

f:id:miumaga:20160821103510p:plain

40台前後の働く人たちとは、新卒時にバブル崩壊の影響で、企業が採用を抑えた就職氷河期に当たる世代です。男性労働者の非正規率も1割を大きく上回り、女性に関しては、4割にも及ぶといいます。

 

労働力調査によると、この年代の独身女性の労働人口は、2015年で190万人で、そのうち非正規で働く人は79万人41%とが非正規となっています。

ちなみに、2005年時点では、27%だった言います。

 

では、どうしてこれほどまでに増えたのでしょうか?

スポンサードリンク

 

2015年の構成調査によると、女性の35歳~39歳・40歳~44歳の未婚率が23%・19%と05年より5ポイント以上上昇しています。景気低迷で、男性の雇用もままならぬ中で、専業主婦になるのも狭き門となっているです。そのため、独身のまま働き続ける女性が増えているのです。

 

この世代は、バブル崩壊後の新卒採用を絞った就職氷河期にあたり、特に1993年~2005年頃に社会に出た女性があおりを受けた格好です。

 

一方、この年代の男性の非正規割合は、先ほど書いた通り1割程度です。同じ年代なのに、どうしてこうまで差がついたのでしょうか?

主に女性が就いていた職種として事務職が挙げられ、バブル崩壊後ドンドンと非正規に置き換わっていきました。そんな時代変化の流れにうまくキャリア形成が出来なかった女性が多かったことがこの非正規率につながったといいます。

 

 

最近メディアで取だたされている、貧困女子問題ですが、そんな独身非正規の生活は厳しいそうです。35歳~44歳の非正規女性の7割が年収250万以下という調査もあります。

 

今後の生活へのアンケートをとっても、

 

自分が病気になったら、生活が破たんしてしまうので不安

20代は正社員だったがリストラされて、非正規で貯金も出来ない

資格を取りたいが、正社員と同じ仕事をしているので暇がない

などと不安の声が上がっています。

 

非正規だと経済的な余裕が少なく、短期の契約を繰り返して社会的に孤立していく人も多いと聞きます。キャリア形成と仲間との交流を支援していくしくみが必要となってきます。

 

 

良い見方に変えると、パートや派遣社員などの非正規雇用は、きわめて良いといえます。

求職者一人に対してどれだけの求人があるかの、有効求人倍率が2015年の平均が、1.57倍と高水準をマークしています。少ない水準ではありますが、仕事を選ばなければ職がないという事態にはならないようです。

 

 

以前では、派遣は35歳を超えると職がない【35歳限界説】がありましたが、生産人口の減少により、人手不足から40歳からでも派遣を受け入れる企業があります。しかし、これは一過性のモノという見方が強いためいつまで続くか分からないといいます。

 

就職氷河期世代に限らず、将来困らないためには、自分の強みを見つけて社会のニーズに合わせてキャリアをシフトする事が大切なのかと感じます。

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com