読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

デフレが続いているからこそ優良なモノを低価格で買えているとも言える

お金についてのコラム

f:id:miumaga:20160831211615j:plain

政府でもデフレ脱却を目指していますが、まだまだデフレ状態が続いています。

 

この先もいつインフレに転じるか、見通しもままならない状態です。

 

そもそもデフレとインフレをおさらいしていくと、

スポンサードリンク

 

デフレとは、

モノの値段やサービスが下がり、お金の価値が上がること

 

インフレとは、

モノの値段やサービスが上がり、お金の価値が下がること

 

 

バブルが崩壊してからの日本では、

 

モノの値段が下がる

企業の収益が下がる

給料が下がる

モノの値段が下がる ←繰り返し…

 

 

と言う負のスパイラルに陥ってます。

 

 

一部の食品やサービスなどの値上がりも見られますが、まだまだ政府が言う目標には至っていません。私たちのお給料も上がり続けていくと言う事も難しい現在、私たちには何が出来るのでしょうか?

 

 

デフレという事は、お金の価値が上がっています。という事は、お金で買えるものが増えると言う事で、当然サービスもお金で買えるのが増えると言う事です。

 

同じ1万円なら、インフレの時より洋服も何着も買えます。現在では、ユニクロやGU

などのファストファッションが中心になって来て、1万円を出せば結構な量を購入できることでしょう。

 

飲食店でも、サイゼリア、牛丼チェーン、マクドナルドなど安くて美味しい⁉ものがたくさんあり、デフレならではと言ったところでしょうか?

 

バブル期と現在では、郊外の住宅が5000万円だったに対して、現在では1000万円だそうで、生命保険料も月平均3万円から1万円になっていると言われています。

 

このように、デフレでお金の価値が上がっていることで、消費すると言う点ではかなりお得になっている事になります。

 

 

先ほど書いた郊外の住宅の例をとってみても、バブル期の住宅よりも現在の住宅性能の方が断然良いのにもかかわらず、五分の一の価格で買えてしまうのですから、優良なものを低価格で手に入れることが出来ているのです。

 

保険に関しても、三分の一の値段でバブル期よりもきめ細かく手厚い保障が受けられるのです。

 

 

そういう意味では、バブル期より今の生活の方が豊かになっていると考えられるかもしれません。

 

デフレと聞くと、悪いところばかり目に行ってしまいますが、デフレである事のメリットを活かして家計をしっかりと管理していきたいものです。

 

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com